CRGホールディングス(7041)IPOが新規上場承認されました。主幹事が大和証券となり公開株式1,350,000株、オーバーアロットメント202,500株となっています。上場により市場から吸収する金額は想定発行価格ベースで約15.8億円とやや大きいようです。事業は最近IPOでも好調の「人材派遣紹介関連事業」となっています。


業績は好調に推移しており今期は設立後、最高益となる見込みです。メイン事業は人材派遣紹介事業になりますが、子会社がRPAやITなどを取り扱っています。また、同社はシニア層人材の提供を積極的に行っており、政府が進める働き方改革にも少し関係がありそうです。


CRGホールディングス(7041)新規上場と初値予想


同社は子会社別に事業が異なり、「特定の業界に特化する形式」で事業運営を行うことでサービス品質の向上及び迅速で的確なサービスの提供しています。沿革では平成5年ジリオン設立が同社の基盤となっているようです。


CRGホールディングス(7041)IPOの詳細データ

項目 上場基本データ
市場 マザーズ
業種 サービス業
事業内容 人材派遣紹介関連事業
公開予定 10月10日
ブックビルディング期間 9月21日~9月28日
想定価格 1,020円
仮条件 1,020円~1,120円
公開価格 10月01日
企業情報 https://www.crgh.co.jp/


【手取金の使途】

手取概算額554,000千円及び「1 新規発行株式」の(注)5に記載の第三者割当増資の手取概算額上限205,827千円については、①業務効率向上のためのシステム開発、②事業拡大を目的とした新規出店に係る内装、造作等及び保証金、③財務体質の改善及び経営基盤安定化を目的とした金融機関からの短期借入金返済、④人員の拡大に伴う本社オフィス増床に伴う追加敷金、⑤優秀な人員の確保を目的とした正社員の中途採用手数料に充当する予定であります。具体的には以下のとおりです。

①業務効率向上のための当社グループ基幹システム「C3」の追加機能開発並びにAIマッチングシステムの開発に係る以下の支出として252,800千円

②事業拡大を目的とした株式会社キャスティングロード及び株式会社ジョブスにおける新規出店に係る内装、造作等及び保証金として165,000千円

③財務体質の改善及び経営基盤安定化を目的とした金融機関からの短期借入金の返済資金として293,267千円

④人員の拡大に伴う本社オフィス増床に伴う追加敷金として33,760千円

⑤優秀な人材の確保を目的とした正社員の中途採用手数料として15,000千円

※なお具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。



項目 株数データ
公募株数 550,000株
売出株数 800,000株
公開株数(合計) 1,350,000株
オーバーアロットメント 202,500株
上場時発行済み株数 5,250,000株(公募分を含む)
想定ベースの時価総額 約53.6億円
幹事団 大和証券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
カブドットコム証券 ←後期型抽選
SBI証券
東海東京証券
エース証券
マネックス証券 ←完全平等抽選
水戸証券
みずほ証券


CRGホールディングス(7041)上場評判とIPO分析

想定発行価格1,020円を基に吸収金額を算出すると約13.8億円となり、オーバーアロットメントを含めると約15.8億円規模の上場となります。新興市場の上場では荷もたれ感が出てくるサイズになります。


同社グループは、子会社5社と同社で構成されており、各社それぞれが特定の業界に特化する形式で事業運営を行うことでサービス品質の向上及び迅速で的確なサービスの提供に取り組んいます。主力事業の人材派遣紹介事業では、「労働者派遣事業」と「有料職業紹介事業」を行っています。


労働者派遣事業は、法律に基づき厚生労働大臣の許可を受けて行う事業になります。顧客からの幅広い人材ニーズに対応すべく、派遣スタッフを募集(登録)し教育研修した上で各企業へ派遣しています。また、少子高齢化による若年層の労働力不足への対応としてシニア層人材の提供を積極的に行っています。


一方、有料職業紹介事業は職業安定法に基づき厚生労働大臣の許可を受けて行う事業となり、求人企業と求職者との間での雇用関係の成立を斡旋しているようです。


CRGホールディングス(7041)上場評判とIPO分析


製造請負事業は、株式会社プロテクスにおいて取引先メーカーからのペットフード、ペット衛生用品等ペット関連製品の製造請負及びその附随業務を行っています。取引先メーカーの工場及び取引先のOEM先である国内5拠点において、工場内製造請負、工場内物流業務、自社でSP倉庫運営業務(保管貨物の入出庫管理等)、輸送業務を行っています。


仕事内容は基本的に、取引先メーカーの生産計画に基づいた業務となりますが、外部業者の位置づけでありながら、現場の改善活動等に係る提案も行っているそうです。さらに、取引先のニーズに幅広く対応することで取引先との強固なリレーションを構築することができる構造となっています。


CRGホールディングス(7041)評判は良いらしい


その他事業では、クライアントの事業活動における生産性向上のためのサービスを展開しており、BPOサービス事業や給与計算代行事業、採用代行受託事業などを取り扱っています。さらに、RPA事業、システムソリューション事業、IT関連事業なども行います。この辺りの売上が大きければIPOでもかなり評価できそうですが売上率は低いようです。


同社子会社の株式会社イノベーションネクストにて、他社が開発したRPAの技術を利用したロボットをクライアントのニーズに合わせてカスタマイズして販売代理を行っています。取引先では東証1部上場のりらいあコミュニケーションズ(4708)の名前があります。


CRGホールディングス(7041)販売実績と取引先

CRGホールディングス(7041)の企業財務情報と配当性向

回次 第3期 第4期
決算年月 平成28年9月 平成29年9月
売上高 16,600,452 18,856,091
経常利益 151,200 290,568
親会社株主に帰属する当期純利益 87,830 200,264
包括利益又は四半期包括利益 87,830 200,264
純資産額 674,013 874,692
総資産額 3,894,299 4,502,021
1株当たり純資産額 143.41 186.02
1株当たり当期純利益金額 18.69 42.61
自己資本比率(%) 17.3 19.4
自己資本利益率(%) 13.9 25.9
株価収益率(倍)
配当性向(%)
営業活動によるキャッシュ・フロー △30,750 103,746
投資活動によるキャッシュ・フロー △22,852 △79,846
財務活動によるキャッシュ・フロー 446,548 300,948
現金及び現金同等物の期末残高 1,415,573 1,740,421
※数値は千円単位


第5期第3四半期連結累計期間(平成29年10月01日~平成30年6月30日)
売上高15,514百万円
営業利益512百万円
経常利益513百万円
親会社株主に帰属する四半期純利益320百万円


当社グループが属する人材サービス業界においては、厚生労働省発表の平成30年5月の有効求人倍率が1.60倍と44年4ヵ月ぶりの高水準、総務省発表の完全失業率が2.2%と25年7ヵ月ぶりの低水準と、好調な景況に少子高齢化を起因とする労働人口減少が重なり、人手不足の状況はますます深刻化してきております。クライアントの需要に見合う人員をいかに提供できるかが重要な課題となっております。

こうした環境の中、当社グループは主力サービスである人材派遣紹介事業において、既存クライアントの取引規模拡大に加え、新規クライアントの獲得に注力してまいりました。又、個別交渉の成果として、派遣キャストの人件費高騰を請求単価に転嫁、売上高及び売上総利益率の上昇へつなげることができました。



CRGホールディングス(7041)従業員と株主の状況

会社設立は2013年10月01日、東京都新宿区新宿二丁目1番1号に本社を構えます。
社長は古澤孝氏(昭和48年1月13日生まれ)、株式保有率は16.45%になります。社長の上に会長の井上弘氏(昭和31年8月14日生まれ)がいる構造になり、株式保有率43.04%といなっています。従業員は28人で臨時雇用者が1人、平均年齢37歳、平均勤続年数4.7年、平均年間給与5,867,000円です。


氏名又は名称 所有株式数(株) 所有株式数割合(%)
井上 弘 2,289,300 43.04
レッドロック株式会社 1,500,000 28.20
古澤 孝 875,000 16.45
持田 秀之 240,000 4.51
株式会社TRM 200,000 3.76
小田 康浩 45,000 0.85
三並 史典 20,000 0.38
※株主上位7名の状況


【目論見抜粋】

本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である井上弘、売出人である古澤孝、並びに当社の株主であるレッドロック株式会社、株式会社TRM及び小田康浩、岡野務、大久保裕次、小林啓志、中原宏朗、三並史典、阿久津操、有田竜徳、恒元祐二、長井亮輔、椋野要介、村本義徳、朝生光洋は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場日(当日を含む)後180日目(平成31年4月7日)までの期間(以下、「ロックアップ期間」という。)、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出し、グリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会社が取得すること等を除く。)を行わない旨を合意しております。



上位株主には180日間(平成31年4月07日まで)のロックアップが付与されています。ロックアップ解除倍率の記載は目論見にありません。ベンチャーキャピタル出資はなく関係者保有が多いようです。レッドロック株式会社にはロックアップがかけられています。


CRGホールディングス(7041)IPO大手初値予想と各社配分

想定発行価格を下限として仮条件は1,020円~1,120円に決定しています。仮条件上限算出の吸収額は約15.1億円、オーバーアロットメントを含めて約17.4億円となります。上場規模が大きく新興市場への上場を考えるとやや荷もたれ感が発生してきます。


2018年9月の連結業績予想は売上8.7%増、経常利益93.4%増(約2.7億円増)となります。EPS70.01を基にPERを算出すると約16.00倍、BPS256.02を基にPBRを算出すると約4.37倍となります。


初値予想1,500円~1,800円


人材派遣は人手不足企業にとって重要な役割があり、需要が拡大し続けています。高齢化社会の問題でもあるため社会全体への影響も考えられます。同社は教育研修した上で各企業へ派遣する労働者派遣事業、職業安定法に基づいた有料職業紹介事業など子会社別に専門的な派遣を行っている特徴があります。


人材派遣は類似企業も多い分野ですが、ここ最近人気のIPOになり、今回も公開価格を超えてくると予想できます。ベンチャーキャピタル出資はなく、上場時点のストックオプションは204,500株が行使期限を迎えています。


幹事名 配分単位(株)
大和証券(主幹事) 1,147,500
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 60,700
SBI証券 47,200
東海東京証券 40,500
エース証券 33,700
マネックス証券 6,800
水戸証券 6,800
みずほ証券 6,800


類似企業 PER
PBR
UTグループ(2146) PER33.92倍 PBR17.17倍
アウトソーシング(2427) PER28.42倍 PBR8.55倍
日総工産(6569) PER31.9倍 PBR4.68倍


大和証券主幹事となっていますが、公開株数とOA合わせて1,552,500株もあるため平幹事からの当選期待もできそうです。特に穴場証券はないと思いますが、できれば三菱UFJモルガン・スタンレー証券委託販売のカブドットコム証券や完全抽選のマネックス証券からの申し込みもしておきましょう!


カブドットコム証券IPO抽選ルール


マネックス証券のIPO抽選ルールと当選画像


CRGホールディングスのストックオプション詳細を調べました

ストックオプション行使期間 株式の数(株) 発行価格(円)
平成30年4月01日~平成38年2月28日 204,500 290
平成31年12月01日~平成36年5月08日 175,000 316
平成31年12月01日~平成36年5月08日 240,000 316


発行済みストックオプションで上場時点で関係がある株数は204,500株となっています。詳細を確認すると、 「新株予約権者は、行使期間にかかわらず、当社の普通株式がいずれかの金融商品取引所に上場された日から2年を経過するまでその権利を行使できない」とあるため売却は基本的にできないようです。
※目論見の「新株予約権の行使の条件に関する事項」より


CRGホールディングス(7041)IPO私見と申し込みスタンス

CRGホールディングスは上場規模がやや大きいですが、悪くないと思います。初値利益は見込めると思われるためほぼ全力申し込みを検討しています。


人材派遣業はIPOにおいてそれほど人気がありませんが、直近の銘柄をみると利益が狙えると考えています。上場規模が小さければさらに人気となりますが、初値1.5倍~2倍を視野に入れているのではないでしょうか。単価設定が低いためそれほど大きな利益とはならないと思いますが、当選期待はできます。


ブリッジインターナショナル(7039)の上場から数日間の空白期間があり、個人投資家も資金の準備が出来そうな日程となります。連続して上場するよりも期間が少しでも空くほうが初値が上がりやすいと思います。当選狙いでいきます!


CRGホールディングスIPO幹事です! 【IPO申込で資金重複でもOK】
⇒ 東海東京証券公式へ