ブリッジインターナショナル(7039)の初値は4,920円となりました。初値後は買いが殺到し、2日連続のストップ高となっています。公開株数が少なかったため勢いづくとすぐに売り枯れとなり、一気にストップ高まで持っていかれています。上場当日は初値付かずで翌営業日に持ち越しとなり、逆に売り気配から始まりました。


ブリッジインターナショナル(7039)PTS取引結果


初値4,920円(騰落率+112.99%)
高値5,620円(ストップ高)
上場3日目6,620円(ストップ高)
公開価格2,310円


上場3日目にあたる今日のPTS取引では高値7,170円まであったようですが、やや値を下げている状態です。連休に入るため売買も低調になるかと思いましたが、2.9万株弱の取引がすでに行われています。本日から制度信用銘柄に選定され、日証金も同日申し込みから貸借融資銘柄に選定したようです。


公開価格は2,310円だったので3日で株価が3倍になっています。ブロードバンドセキュリティから一気に資金が入ってきた感がありますが、この勢いは何処まで継続されるでしょうか。


現在発表されている銘柄は残り8銘柄となりますが、どれも人気となるようです。赤字バイオのDelta-Fly Pharma(デルタ・フライ・ファーマ)も最新の予想上限が5,200円になります。微妙なところですが、同社はがん細胞やがん免疫などと関係がある商品開発を手掛けているため、ノーベル賞の影響もあるのでは?と感じています。


本庶佑氏は、がん細胞を攻撃する免疫細胞にブレーキをかけるタンパク質「PD-1」を発見したことで注目され、画期的な治療薬を生んでいます。どこまで影響があるのかわかりませんが、同じ「がん細胞」になります。内容は全く異なりますが、連鎖して初値は意外高か?個人的には創業バイオベンチャー企業への投資は赤字であることから避けましたが、値動きには期待しています。


IPO当選期待が高いのはプリントネット、ギフト、リーガル不動産になるためどれか1銘柄でも当選できればと思います。プリントネットは株数が一番多いため期待ができそうですが、初値予想が若干下がっているようです。結果どれでもいいので当選したいですよね。


来週は、CRGホールディングス規模の株数でもストップ高になるのかも見ものですね。オーバーアロットメントを含めて1,552,500株あります。良い流れで上場しているのでこのままソフトバンク上場まで一気に突っ走ってほしいところです。


イーソル(4420)IPO取扱い決定しました 【後期型抽選による配分がポイント】
⇒ カブドットコム証券公式