竹本容器(4247)初値予想とIPO分析記事になります。個人的には気になる案件ですがIPO的には不人気傾向にあります(支店ブログ更新してないし)東証2部って地味企業ですが、安泰している企業が多いですよね。将来は東証1部狙いの銘柄なのかもしれません。


竹本容器(4247)初値分析 IPO分析記事


業種:化学
市場:東証2部
公開予定:12/17
BB期間:12/02~12/08


100株単位
公募株数 445,000株
売出株数 305,000株
合計株数 750,000株(7500枚)
※オーバーアロットメントによる売出し112,500株


想定価格 880円 ⇒ 8.8万円必要!
仮条件  880円~900円に決定しました


【幹事団】
大和証券
野村證券
SBI証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SMBCフレンド
※カブドットコム証券委託取扱決定


       





仮条件が20円想定よりも上げられました。
これに伴い吸収金額も若干上がり、約7.76億円となります(1700万円程UPです)
ここも悩みどころですね。
東証2部の2014年IPOパフォーマンスは平均して1.8%程しかないので積極的には
攻める事は出来ませんよね。私も良かれと思ってBS11や日本ビューホテルの東証2部の
当選を今年は頂いていますが、全然儲かりませんでした 


竹本容器(4247) 売上分析
↑クリックで拡大します


プラスチック容器メーカーの老舗ブランドです。
化粧品・美容事業者、食品・健康食品事業者、日用・雑貨事業者、化学・医薬品事業者を
主な販売先としており、日本や中国、アメリカなどで事業展開しています。
現在の金型は2,657型あり、容器本体と付属品の組み合わせや着色などにより独自性の
高い包装容器を提供する事が可能となっています(ポンプ、スプレーなどの液体定量吐出装置も)
販売先数はグループ全体で4,716社との事。

100%子会社化した企業の生産体制などにより、顧客からのクレーム件数に関しては前連結会計
年度比30%超の減少を実現しているそうです。
(日本国内の売上は減少し、中国市場では売上高続伸)
今後の新規開拓次第で業績アップも狙える可能性があります。

竹本容器の初値予想900円



【トレーダーズ・ウェブ】
 2013年12月期の売上高構成比は販売先の主要事業内容別に、化粧・美容57.0%、日用・雑貨5.1%、食品・健康食品9.4%、化学・医薬5.5%、卸・その他23.0%。海外売上比率は22.5%(中国20.8%)


【幹事配分】
大和証券 600,000株
野村證券 82,500株
SBI証券 15,000株
SMBC日興証券15,000株
三菱UFJモルガン・スタンレー証券15,000株
みずほ証券   15,000株
SMBCフレンド15,000株


【業績等の概要】
当連結会計年度の売上高は100億17百万円(前年同期比3.8%増)
営業利益は7億57百万円(前年同期比19.8%増)
経常利益は8億13百万円(前年同期比23.5%増)
当期純利益は5億92百万円(前年同期比36.3%増)


ロックアップは90日間で1.5倍の解除となります。
ベンチャーキャピタル保有率は低く、ストックオプションもなしなので
株価が安定すれば中長期で上を目指す展開も考えられます。
詳細⇒ 竹本容器(4247)IPOが新規上場承認記事へ


配当は19円となっており、PERは約8.9倍を想定されます。
石塚硝子(5204)や日本山村硝子(5210)あたりを想像しますが、基本株価も横ばいですね。
やはり不参加にして他に資金を回した方が賢いのかもしれません(私見です)






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事