日本リート投資法人(3296)IPOが東証に4月24日上場決定しました。
378億円規模の資金調達となっています。


日本リート投資法人(3296)IPO初値予想


上場日:04/24
BB期間:04/08~04/14
想定価格:250,000円
仮条件:248,000円~252,000円
公募価格:04/15


投資口の発行144,200口
オーバーアロットメントによる売出し7,210口
合計口数151,410口


【幹事団】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事)
野村證券
大和証券
SMBC日興証券
みずほ証券



日本リート投資法人IPO
↑クリックで拡大します


【Jリートニュース】
双日が運用する日本リート投資法人(証券コード3296)が、4月24日、東証へ上場する。スポンサーは双日の他、米国の不動産会社クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド、国内の不動産運用会社アジリティー・アセット・アドバイザーズが参画する。投資対象は、オフィスビル、住宅、商業施設の総合型。上場時のポートフォリオはオフィスビル13棟、住宅7棟の計20棟、取得額は704億円、平均NOI利回りは5.0%。上場時に投資口の発行144,200口、オーバーアロットメントによる売出し7,210口を行い調達資金は約378億円を見込む。IPOブックビルディングは4月8日~4月14日、発行価格決定日は4月15日  


【不動産ニュース】
日本リート投資法人は平成22年9月の設立。双日リートアドバイザーズが資産運用を行う。双日リートアドバイザーズはメインスポンサーの双日(出資率67%)、サブスポンサーのクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメント(出資率18%)と、アジリティー・アセット・アドバイザーズ(出資率15%)の3社が共同出資を行う子会社である。
双日はニチメンと日商岩井を前身とする総合商社。クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメントは、米国の不動産サービス会社クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのアセット・マネジメント会社   



日本リート投資法人は、今年2つ目のリートIPOになります。
ヒューリックリート投資法人(3295)は大成功でその後株価もどんどん
高くなっています。公募価格は108,000円で初値は122,000円!!!
騰落率は大型上場ながら+12.96%と凄かったです。
一時株価も150,000円を抜いてきて現在では147,000円あたりとなっています。




------------------------------------------------------------–

日本リート投資法人(3296)初値予想! 【公募は仮条件上限で決定】記事へ








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事