サントリー食品インターナショナル(2587)のIPOが新規上場承認されました。サントリーグループに所属する企業の上場になり親子上場となります。ある程度人気になると思いますが市場の目はどこを見ているでしょうか。主幹事は野村証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券の共同主幹事となります。


業種:食料品
市場:東証上場予定(1部濃厚)
公開予定:07/03
BB期間:06/18-06/21


【事業内容】
当社は、親会社であるサントリーホールディングス㈱を中心とするサントリーグループの飲料・食品セグメントの中核をなす企業で、飲料・食品の製造・販売事業を行っています。当社グループは、当社、子会社80社及び関連会社10社より構成されています。


【資金使途】
国内募集における差引手取概算額121,688百万円については、海外募集における手取概算額216,166百万円と併せて、過去に実施した企業買収・事業買収を目的として借入れた金融機関からの短期借入金68,146百万円の返済(平成25年12月期)に充当する予定であります。

また、残額につきましては、当社グループの事業成長を目的とした国内外における戦略投資に充当する予定であります。当社は、かかる戦略投資として、先進国市場及び新興国市場双方において、既存のブランド展開の補完や事業基盤の強化のための企業買収・事業買収等について検討を行っておりますが、現時点においてその具体的な内容、金額及び充当時期について決定したものはありません。
このため、上記戦略投資への実際の充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。


100株単位
公募株数  93,000,000株
売出株数  26,000,000株
合計枚数 119,000,000株(1,190,000枚)


想定価格 3800円 ⇒ 38万円必要! (予想よりも結構高いね)
仮条件  3000円~3800円


【幹事団】
野村證券(共同主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(共同主幹事)
J.P.モルガン証券
SMBC日興証券
みずほ証券
大和証券
SBI証券
SMBCフレンド
岩井コスモ証券
東海東京証券
岡三証券
いちよし証券
藍澤證券
極東証券
マネックス証券
丸三証券
リテラ・クレア証券
エース証券
ちばぎん証券
東洋証券
西日本シティTT証券


SMBC日興証券がここ最近頑張ってますね。
ネット証券ではSBI証券もかなり配分率が高く人気IPO口座となっています。
しかし配分率や抽選確率的にはマネックス証券が当選しやすいでしょうか 

タマホームIPO当選
↑マネックス証券でタマホーム当選♪


サントリー食品インターナショナル(2587)のポイント
オーバーアロットメントによる売出し6,200,000株
(国内募集33,500,000株、海外募集59,500,000株)
仮条件の上限が高くなると大型IPOなのでこの地合いでも厳しいのではないかと
思います。グレーマーケット価格が一番気になるかもですね!
吸収金額は約4522億円となり、オーバーアロットメントを含めると約4757億円と
巨額になります。ただ海外募集の方が多いので多くは当選できないかもです。
サントリー食品インターナショナルHP⇒ もう少しTOP画面を魅力的にしてほしい
時価総額ではアサヒグループHD(2502)を意識できそうです(1.2兆円程度)


サントリー食品インターナショナル初値予想
↑クリックで拡大します(連結財務表)


サントリー食品インターナショナル(2587)初値予想
↑クリックで拡大します(単体財務表)


会社設立は2009年1月となっています。
従業員は467人で社長は鳥井信宏氏です。
みずほフィナンシャルグループに入社後、サントリー一本の方みたいです。
そもそもサントリー創業者である鳥井信治郎の孫にあたるようですね。

鳥井信宏氏 

国内外の飲料事業を統括する売上高1兆円規模の企業を目指すそうです。
関連会社71社程度で、サントリーフーズ、サントリービバレッジサービス
沖縄ペプシビバレッジ、サントリープロダクツ、サントリー食品工業などが
あげられます。


【配当政策】
安定的な配当の維持と将来に備えた内部留保の充実を念頭に置き、業績、今後の資金需要等を総合的に勘案した利益還元に努めてまいります。具体的には、のれん償却前当期純利益(注)に対する連結配当性向30%以上を目安に、利益成長による安定的な増配を目指すとともに、中長期的には資金需要や利益成長等の状況によって、配当性向の向上を図ることも検討いたします。
平成25年3月29日開催の第4回定時株主総会決議により、1株当たり29,896円50銭、総額12,915百万円(のれん償却前当期純利益43,050百万円に対する連結配当性向30%に相当)を実施


JAL以来の大型案件ですよね。
黒字企業ですし、上場後からの株価が楽しみな企業なのである程度保有して
おいても問題は無いかと思われます。
海外比率が高く幹事も多いので結構積極的にIPOの申込みをしてもよいのでは
ないでしょうか!?
⇒リプロセル同様に人気化しそうな感じですよね~


私見ですが、黒字企業で誰もが知っているメジャー企業ということで需給面では
大丈夫ではないかと思われます。ストックオプションやベンチャーキャピタルの
確認は必須でしょう。1枚38万円という想定株価も気になりますが東証1部への直接
上場と思われるためにインデックス買い需要も期待できるでしょう。配分があれば
初値によりますが少しの期間保有でしょうか。
カルビー(2229)みたいになりそうな気もしますよね。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事