モバイルクリエイト(3669)のIPO考察記事になります。


業種:情報・通信業
市場:マザーズ
公開予定:12/19
BB期間:12/03-12/07


【事業内容】
GPSと業務用無線またはインターネットや3Gネットワーク(注1)によるパケット通信(注2)等のインフラストラクチャーを利用し、車両等の移動体管理システムを提供する移動体通信事業者であり、移動体管理システムの開発・販売並びにこれらに付随する通信・アプリケーションのサービス及び保守に関する業務等をオールインワンで提供することを事業目的としている

【資金使途】
当社の主力製品である「ボイスパケットトランシーバー(携帯電話パケット通信網を利用した業務用無線システム)」の仕入れに伴う運転資金として、平成25年5月期中にその全額を充当する予定であります。
なお、ボイスパケットトランシーバーは、回線契約締結により通信料やサービス利用料等を継続して毎月収受することができることから、契約回線数を増加させることは、当社グループの将来的な収益源の確保につながります。そのため当社グループは、一定程度の在庫を確保し、拡販を図っていく方針としております。上記運転資金は、このための在庫資金として充当する予定としているものであります。


100株単位
公募株数 106,800
売出株数 120,200
合計枚数 227,000(2270枚)


想定価格 2500円 ⇒ 25万円必要!
仮条件  2700円~3000円  ←かなり強気です!


野村證券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
岩井コスモ証券
SBI証券


-------------------------------------------------------—


モバイルクリエイトの仮条件の上限が想定発行価格よりも500円アップしました。
(想定発行価格2500円 仮条件2700円~3000円)
これにより吸収金額もオーバーアロットメントを含めた金額で約6.5億円から
約7.8億円にアップしたことになります。


モバイルクリエイトIPO
↑クリックで拡大


売上はタクシー事業者やバス事業者、運送業者に対して、
GPS・業務用無線・インターネット(携帯)などを利用した車両位置などの
システム開発と販売となっています。
具体的には、仮想移動体通信事業者(MVNO)として、機器の販売から通信サービス、
保守までオールインワンで提供しています。


【業績等の概要】
売上高1,813,764千円(前年同期比58.7%増)
経常利益332,159千円(同339.1%増)
当期純利益183,051千円(同342.7%増)と前連結会計年度を大幅に上回る!


モバイルクリエイト初値予想


【類似企業】
ドーン(2302)
ビーマップ(4316)
レシップ(7213)


EPS310.92をベースにPERを算出すると約9.6倍となります。
仮条件の上限3000円で算出していますが、まだまだ上値余地があると思います。
またベンチャーキャピタルの出資はありますが、殆んどロックアップ対象に
なっており需給面ではとりあえず問題はないでしょう(90日間)
ただし、ロックアップ解除はは1.5倍となっているので頭に入れておきましょう!
VCの爆弾がなければ株価も上昇すると思いますがどうなるでしょうかね~


トレンダーズ幹事のマネックス証券! ネット証券で完全抽選を実施している
⇒ マネックス証券公式へ


※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら



上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!