ライフネット生命保険(7157)が新規承認IPOされました。野村証券主幹事となり公開株数が10,773,000株もあります。想定発行価格は1200円となり、オーバーアロットメント1,600,000株です。かなり微妙な銘柄の登場になり参加するのか悩みどころですね。


業種:保険業
市場:マザーズ
公開予定:03/15
BB期間:2/28~3/5


【事業内容】 生命保険業


100株単位
公募株数  8,340,000
売出株数   2,433,000
合計枚数 10,773,000(107730枚)


想定価格 1200円 ⇒ 12万円必要!
仮条件  1000円~1200円


野村證券(主幹事)
マネックス証券     ←今度は副幹事しています!「凄い」
ゴールドマン・サックス証券
大和証券キャピタル・マーケッツ
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
東海東京証券


■ ライフネット生命保険(7157)のポイント
オーバーアロットメントによる売出し1,600,000株
ロックアップ3ヶ月


調達資金使途は、将来にわたり適切なソルベンシー・マージン比率を維持するための自己資本の充実に資することを目的として、具体的にはブランド認知度向上及び新商品開発等の成長施策に充当予定。残額は、情報システムの堅牢性強化及び業務効率の継続的改善に資するシステム投資に充当予定となっています。


事業詳細は、インターネットを主な販売チャネルとする直販型生命保険会社。主な事業内容は「保険引受業務」と、生命保険の保険料として収受した金銭その他の資産の運用業務を行う「資産運用業務」。取扱商品は定期死亡保険「かぞくへの保険」、終身医療保険「じぶんへの保険」、就業不能保険「働く人への保険」の3種類のみ。契約者のうち新規保険加入者の割合が約5割、また、新規契約件数のうち20代および30代の契約者が全体の7割を占める(2011年3月期)


■ 吸収金額はマザーズ案件にしては大きな金額となります。
想定発行価格の1200円ベースで計算すると、約130億円になります。
オーバーアロットメントを含めると、約148億円を吸収します。
株主詳細では(公式ページより)

マネックスグループ株式会社 18.54%
あすかDBJ投資事業有限責任組合 18.54%
三井物産株式会社 14.24%
株式会社新生銀行 9.64%
株式会社セブン・フィナンシャルサービス 9.64%
Farallon Capital Management, L.L.C. 4.94%
資産管理サービス信託銀行株式会社 4.94%
株式会社朝日ネット 4.94%
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ 4.94%
株式会社リクルート 3.71%
株式会社東京大学エッジキャピタル 1.98%
三菱UFJキャピタル株式会社 1.48%
株式会社ジャフコ 0.50%
りそなキャピタル株式会社 0.50%
ngi group株式会社 0.50%
株式会社アドバンスクリエイト 0.50%
SMBCベンチャーキャピタル株式会社 0.30%
大和企業投資株式会社 0.20%

と掲載されていて、資本金は132億20万円(資本準備金 66億10万円を含む)
となります。目論見書からは引っ張ってきていませんので~
また、オリコン顧客満足度ランキング医療保険部門で保険料満足度が1位だそうです!
保険契約件数のグラフも凄いですが、赤字経営です・・・
保険契約者がこのまま伸びれば利益ももうすぐプラスに変りそうです。


ライフネット生命保険(7157)が新規承認


ところでマネックス証券が副幹事をしています。
ネット証券が副幹事をするのはまれですね~
野村主幹事なので、公募価格を割るような事はあまり考えられません?
ともかく1枚くらいは参加してもいいかな~と思っています ^^
マザーズ案件でこの規模だと少し荷が重いのも承知しています(笑)

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!