CMC Markets Japanは言わずと知れたCFD大手の企業です。前回の記事にもありましたが25カ国以上で3000銘柄以上の取引が可能で個別のCFD銘柄でもチャンスを逃がしません。
また世界で始めてリアルタイムソフト配信(オンライン)を行った有名な企業です。


CFDはFXと同じで差金決済取引になります。
FXはCFDの中で通貨に絞った取引というと解りますでしょうか。
さらに簡単に言えばCFDの中にFXがあるということです。


CFDでは世界の株価指数や個別銘柄、金や銀、そして原油、債権と幅広く
取引が可能です。
日本ではまだなじみが薄い?
かもしれませんが、本場イギリスでは金融市場の30%程度を占めていて
非常にメジャーな商品です。
その本場から CMC Markets Japan が日本に上陸してきて日本のCFD業界に
旋風を巻き起こしているんですね ^^


CFDは金や銀にも投資できる事を書きましたが、CFDを使わなくても
金や銀の取り引きは可能です。(例えとして金と銀を考えています)
しかし、どうしてCFDの人気があるかと言えば円相場に左右されない
からなんですね。
例えばニューヨークの銀市場に投資をしたいと思った場合はいったん
円をドルに換えなければ投資をすることが出来ません。


結果⇒ 為替リスクが付きまといます


ドル建てになると同じ量のポジションを持っていても円高や円安に
なるだけで銀価値が変動してしまうんです。
さらには取引手数料も支払わなければいけませんから、相当儲からないと
自己利益に反映がされない訳なんですね。

これがCFDを使うと為替変動をうけませんし、手数料もゼロ円からで
レバレッジを利かせる事も可能ですし、現物株と違って売りから入れる
のも魅力の一つです。



金属先物



CMC Markets では各CFD銘柄と為替(FX)を同じプラットホームで
取引することが可能なので金融市場を猛打しています。
色々なチャートを見ながらの注文も可能なので興味がある方は口座を
開かれることをお勧め致します。


【CMC人気銘柄ランキング】
1. JAPAN225 (日経平均株価指数)
2 .US30 (ダウ工業株30種平均)
3. USCRUDEOIL May 11 (米国原油)
4. JGB Jun 11 (日本国債)
5. USCRUDEOIL Jun 11 (米国原油)
6. TBOND Jun 11 (アメリカ国債)—前月13位
7. HONGKONG 33 (香港ハンセン株価指数)
8. SILVER FUTURE May 11 (銀先物)—前月11位
9. GOLD FUTURE Jun 11 (金先物)
10. USNATGAS May 11 (米国天然ガス)



こちらは最近の銀市場CFD取引を裏付けるランキングになっています。
これが言いたくて先ほどは金や銀を語ったんですよね~
銀のボラティリティ及びトレンドの発生を捉え、世界規模での投資戦略が
ここには伺えると思います。
このように24時間動いているCFDだと取引をすぐにでも始めることが可能
なのでCFD口座があればチャンスを掴む事が出来るかもしれません。
口座が無いと取引も出来ませんので、口座が無い方は開いておくとチャンスが
あると思います。
世界のマーケットを見るにはCMC Markets Japanは便利ですよ~

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!