Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)[130A]の初値予想と幹事割当数などを評価したいと思います。2023年12月期では黒字転換予想が確認できるため初値に期待したいIPOです。


しかし、大手予想ではVISの初値は上がらないと判断されているようです!


Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)[130A]IPOの評価


項目株数データ
想定価格1,120円
仮条件1月23日
公開価格1月31日
公募株数800,000株
売出株数0株
公開株数(合計)800,000株
オーバーアロットメント120,000株
幹事団みずほ証券(主幹事)
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
松井証券
あかつき証券
委託見込auカブコム証券
DMM.com証券


mRNAを標的とする低分子創薬と核酸創薬のプラットフォーム事業を行っています。


製薬会社と共同創薬研究を行っているため独自性はあるものの、パイプラインが少なく動物実験にも届いていないと観測されています。


ただ2023年12月期は黒字化する予定となっています。


黒字化の材料で初値が飛ぶような地合いではないと観測され、大手予想もシビアに見積もられているようです。2023年のIPOはバイオ株に資金が入っていませんでしたからね。


また、みずほ証券が主幹事を引受けているため上場中止となる可能性もあるのでは?とも観測されています。


みずほ証券案件のバイオ株が承認されても確かに上場中止(延期)となることが多いですよね。今回はどうでしょうか。


Veritas In Silico[130A]IPOの大手初値予想と評価はこうなる!

大手初値予想の数値を調べてみました。参考になる数値なので投資家のBBスタンスにも影響を与えると考えています。


最新の初値予想は下記のようになっています!


大手初値予想1,000円~1,200円
※注目度B


想定発行価格1,120円で約10.3億円規模のIPOです。時価総額は約70.6億円です。


このクラスのIPOが公開価格割れの可能性があるみたいですね。


いつになったら投機的な資金が戻ってくるのか?と心配しています。日経225などには大量の資金が流入していますが新興株は低迷したままです。


同社の事業内容や上場承認時のデータは下記記事でまとめています。

「IPO承認」Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)の上場データと初値予想を考察!


Veritas In Silico[130A]IPOの幹事割当数と引受割合を調べました

幹事割当数と引受割合を調べました。主幹事はみずほ証券が単独で引き受けます。


海外販売も行われる予定なので今後数値が変更となる可能性があります。


幹事名割当株数引受割合
みずほ証券(主幹事)746,000株93.25%
SMBC日興証券16,000株2.00%
三菱UFJモルガン・スタンレー証券16,000株2.00%
楽天証券9,000株1.13%
松井証券9,000株1.13%
あかつき証券4,000株0.50%


当選を狙うのであればみずほ証券一択でよさそうです。


利益があまり見込めない状況でも当選確率は高くないと思います。欲しければ主幹事から申込んでおきましょう。様子見の投資家も多そうですね。


朗報!moomoo証券では入金ベースで米国株が最大10万円分貰えるキャンペーンが行われています。


これに参加しようと私も考えています。米国株を貰って永遠と放置しようかな?と考え中です。エヌビディア(NVDA)が1株当選で7.6万円以上になりますからね。


1万円で1回抽選、30万円で4回抽選が引けます。ハズレがないのでマジで凄くない?と思っているところです。詳しくは下記記事にまとめています。




Veritas In Silico[130A]IPOの業績予想と抽選参加スタンスまとめ

最新の業績予想を調べ抽選参加スタンスについて考えてみたいと思います。


現時点で人気見込みは低そうですが監視だけは行いたいと思います。株数変更や割安な株価を提示してくる可能性があるかもしれません。


Veritas In Silico(ウェリタス イン シリコ)IPOの業績予想
※VIS公式サイト引用


業績を確認すると2023年12月期の単独予想を確認することができました。それによれば売上3.59億円となり前期1.78億円から101.69%増となります。経常利益は0.34億円となり前期-1.38億円から黒字転換となります。


四半期利益は0.31億円となり前期-1.41億円から黒字となる予想が出ています。


想定発行価格1,120円による指標はEPS5.67からPER197.53倍、BPS286.03からPBR3.92倍になります。配当金は出ません。


kimukimu

IPOは全て公募株式で売出株式はありません。ベンチャーキャピタル(VC)出資分にはロックアップが掛けられ解除倍率の設定はありません。



IPOとしては悪くないと思いますが、収益性の問題が大きく評価されないようです。どうなるでしょうね。


LEVECHY(レベチー)の口座開設でAmazonギフトカード2,000円分をプレゼントしています。初めてのお取り組みになります!


レベル違いなクラファンを提供するためのキャンペーンのようです。よかったらご利用ください。


公式サイトにタイアップ表記がないため下記記事を参考にお申込みいただければと思います。当サイトから申込めばアマギフが貰える仕組みとなっています。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。