SBIソーシャルレンディングについて徹底的に調べてみました。利回りが高いと評判だけど過去の実績から見えてくるものは何なのか?SBIグループが運営しているため資産を預けるには安心できるが、そもそもソーシャルレンディングやクラウドファンディングへの投資は安全なのか調べてみました。


気になるのは利回りの高さですが、公式サイトでは3.2%~10.0%の予定年利となっています。運用期間は4ヵ月から36ヵ月となり、登録者数もどんどん増えています。さすがSBIグループだと思うことが多いですが、魅力は何なのでしょうか?


SBIソーシャルレンディングの評判や実績


運用商品の幅が広く投資家には魅力的な商品が多くなっています。「不動産担保ローン事業者ファンド」「IoTファンド」「再生可能エネルギー関連ファンド」「カンボジア実習生ファンド」などが用意されています。同社サービスであるソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人と、お金を貸したい人を結び付けることです。


海外では当たり前のように行われている投資でしたが、日本でも急成長しています。そこにSBIグループが目を付けて投資家と借り手をつなげる「ハブ」となっています。もちろん借り手の審査は同社が行い審査基準も厳しいものになります。


    【審査基準の詳細】

  • 財務諸表による審査(貸借対照表・損益計算書・CF計算書)
  • 代表者等の経歴・事業実績の調査
  • 借手の事業の業界動向や事業環境の情報収集
  • 借手の事業の実態確認
  • 資金使途及び返済原資の確認
  • 内外のデータベースを活用した反社会勢力でないことの確認
  • 外部調査会社による調査
  • 担保の実態確認・調査
  • その他Web及び弊社独自の情報網を活用した情報収集



公式サイトでは現在運用中の実績や過去の実績などを公開しているため、気になっている方は確認をしておくことをお勧めします。利回り10%以上が期待できる商品も用意されていますが、リスクが高くなることだけは頭に入れておきましょう。基本的に毎月分配型となるため、個人投資家には嬉しい投資です。


SBIソーシャルレンディングの特徴と商品ラインナップ

SBIソーシャルレンディングの特徴を簡単にまとめると、1万円からの投資が可能で年利換算3.2%~10%のリターンが望めます。投資をする案件により予定年間利回りが変わってくるため、リスクとリターンをしっかりと理解して投資を行うことをお勧めします。


ソーシャルレンディングの仕組み


普通預金は元本が1,000万円まで保証されますが、利回りが極めて低くリターンを望むことはできない状況です。投資信託は相場の変動を受けるため、大きなリターンを得る可能性があるものの、購入手数料や売却手数料を考えるとリスクの割には勝てない投資だと個人的には考えています。


株やFX(CFD)、仮想通貨なども相場の変動を受けリスクが高く知識や経験が必要になります。一般的な話になりますが、ソーシャルレンディングは元本保証はされないものの、あらかじめ決められたリターンを得る可能性は高く投資先として人気を集めています。


SBIソーシャルレンディング登録者数が凄いことに!


資金調達の新しい選択肢として日本でもメジャーになってきたソーシャルレンディングですが、投資家もよく理解しておかなければならないことがあります。厳格な審査から安全というイメージが伝わってきますが、デフォルトになる案件も少なからずあります。


貸し倒れという言葉がよいかもしれませんが、利回りが高い商品ほどリスクが高くなるため商品の説明をしっかりと見ておきましょう。

SBIソーシャルレンディングの商品ラインナップ一覧

同社の金融商品にはいくつか種類があり、比較的新しい商品も含まれています。「カンボジア人技能実習生」向けの貸付事業で運用するファンドは、ロールオーバー率が高く人気があることが伺えます。日本という先進国的な役割も担っており、社会貢献の意味合いも大きいようです。


商品の内容は、「カンボジアの未来を担う人々に、日本で技術・技能・知識を学ぶ機会を提供し、ソーシャルリターンの創造を目指すことを目的」としているそうです。ファンドの運営企業は出光クレジットの子会社である、「出光セゾンマイクロファイナンス」が行っています。


SBIソーシャルレンディングの商品ラインナップ


技能実習生として訪日を希望する候補生は、カンボジア政府認定機関の送り出し機関で研修を行い、20代~30代の男性が多いそうです。研修期間は3ヶ月~5ヶ月で、日本の受入協同組合及び実習生として就業する予定の受入企業の面接を経て、日本企業に採用されます。


技能実習生は、就業から2ヶ月が経過した後で、「SBIソーシャルレンディング」に借り換えの申込を行います。審査で承認されると、ファンドからの借入資金を用いて、出光SMFへの返済を行い、本ファンドからの貸付への借り換えが完了します。スキームはこのようになりますが、日本で働くということで投資家も比較的安心できそうです。


不動産担保ローンや再生可能エネルギー発電などは他社でも取扱いが行われていますが、「IoTファンド」の取扱いは他社では見かけません。今後どのように発展していくのか面白うそうな分野となっています。


低金利の時代となり資金を遊ばせておくにはもったいないため、同社のようなソーシャルレンディング投資を行う投資家が急増しています。私も200万円以上の投資を行っていますが、年利5%の利回りで10万円になるため助かっています。少しづつ投資金額を増やしている最中ですが、悪くない投資だと思います。


SBIソーシャルレンディングで貸し倒れが発生?その後どうなるのか

SBIソーシャルレンディングで貸し倒れが発生しました。2018年7月9日に公式ページで発表されています。驚きを隠せませんが、このようなことは起こり得ます。ただ、SBIグループは担保不動産に第一順位抵当権を設定しているそうなのである程度回収できるのではないかと考えています。


私は以前、某企業が経営破綻したため20万円回収不能になってしまい高い勉強代になったことがあります。今回、同社では貸し倒れが発生したことで今後はさらに良いサービスを展開できるのではないかと期待しています。類似企業へ投資をしても同じようなことが起こらないとは言えないため余裕資金で行うことをお勧めします。


投資をしたお金が返ってこないことは稀だと思いますが、複数の企業に資金を分散したり、投資案件の複数申込みなどによりリスクを下げるとよいと思います。私もソーシャルレンディング投資は複数企業に資金を分散しています。確定申告をされる方は複数企業になると少し面倒ですが、最近はPDFによる確定申告資料をダウンロードできる企業が増えています。


下記にも類似企業のクラウドクレジットの記事を書いているのでよかったら参考にしてください。投資をした商品の画像もあります。


クラウドクレジット運用実績

SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権を回収している

同社から発表された「SBISL不動産バイヤーズローンファンドの延滞債権の回収」から貸し倒れが最終的にどのようになったのかわかりました。対象は16号~22号になり、遅延元本額は1,255,500,000円です。これを債権回収会社に譲渡し552,000,000円を回収しています。


SBISL不動産バイヤーズローンファンド貸し倒れ(遅延)


【公式サイト抜粋】

弊社は、延滞債権について、担保不動産の任意売却による利息等含む元本相当額以上での回収に尽力してまいりましたが、今回、債権回収会社から元本相当額での買取りの提案を受け、回収期間の短縮により延滞債権の回収リスクを大幅に払拭できること、及びお客様からご出資いただいた元本相当額を確保できることから、当該提案に応じることが最善と判断いたしました。

その他の債権につきましても、引き続き、回収額の極大化に鋭意努めてまいります。弊社の取り組みにつきましては、進捗があり次第ご報告いたしますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。



上記のように公式サイトで発表が行われています。SBISL不動産バイヤーズローンファンドは、不動産の売買行う事業者向けの貸付事業で運用されているファンドになります。貸付けに際して転売用不動産に抵当権を設定し、担保余力評価総額に対する融資割合は、原則として80%未満になります。


基本的に償還されますが、投資なのでリスクは存在します。他社でも同様にリスクがありますが、そのあたりは投資家が見極める必要があります。


リスクを低減させるんには「SBISL不動産担保ローン事業者ファンド」を選ぶと良さそうです。こちらはSBIソーシャルレンディング創業以来、最も実績あるファンドで人気が高い商品です。年間予定利回りが3.2%~4.7%とやや低めですが、ロールオーバーなども発生している商品です。

ロールオーバーとは何なのか?投資開始後に途中解約はできる?

ロールオーバーとは、借り手が希望した金額を超えて投資金が集まった場合に、同様の募集に「剰余資」として当該ファンドへの出資に充てられることです。下記画像がわかりやすいと思います。


SBIソーシャルレンディングのロールオーバー画像


また、投資実行をした後に途中で解約することは原則できません。よって余裕資金での運用をお勧めします。運用期期間は最短で4ヶ月となり最長で36ヶ月の運用設定となります。


同社が、匿名組合契約の規定に違反するなどの事由が生じた場合のみ、契約を解除することができるそうです。そのようなことは考えられないため、投資実行をした後は償還日を待つほかないでしょう。


P2Pレンディングへ向けてSBIグループが動き出す!

P2Pレンディングとは、ウェブサイトを通じて「お金を貸したい個人」と「お金を借りたい個人」を結び付ける融資方法です。欧米や中国などの海外ではすでに普及している投資になり、日本でもP2Pレンディングが今後普及する可能性はあります。


ただ日本では貸金業法により借り手の名前は公開されない仕組みとなります。海外ではこのビジネスを利用し急成長をしたことで上場した企業も存在します。アメリカの「Lending Club」などがそれにあたるようです。


金融庁の見解ではP2Pレンディング取引は認められていないものの、今後期待されている分野であることは確かです。金融フィンテックがもたらしたIT革命が今後進むようであればSBIグループも参入してくるのではないかと考えられます。シェアリングビジネスが今後どのように発展していくのかも個人的に興味があります。


SBIソーシャルレンディングに投資をする際のまとめ記事

SBIソーシャルレンディングの運用中元本残高が大きいことや、登録者数の数からして日本でも最大級の口座があることは間違いないでしょう。分配金を得るには多少なりリスクが存在すること、毎月分配金であることは覚えておきましょう。


SBIソーシャルレンディング融資残高と融資実績


口座開設などは無料となり、収益方法はファンドなどから分配金や管理手数料などを徴収しているため投資家からはお金を頂くことはありません。投資家は1万円からの投資となっているためハードルは低いと思います。分配金送金の手数料が無料ということも覚えておきましょう。


同様のサービスを行っている企業も増えてきましたが、上場企業が直接運営するソーシャルレンディングも増えてきています。同社の場合はSBIグループという冠があるため人気になっていると思われます。P2Pレンディング取引が認められるようになると日本は変わると思いますが、その前に資産をある程度形成しておきたいと考えています。


考え方次第ですが、リスクがあるからこその利益です。ソーシャルレンディングも好みがあると思いますが、数社に資金を分散することでリスク軽減につながると考えています。


⇒ SBIソーシャルレンディング公式

SBIソーシャルレンディング