モスフードサービス(8153)の株主優待について詳しく調べました。改悪されることはなさそうですが優待利回りが低く魅力がありません。


一般信用売建を利用した優待クロス(つなぎ売り)で獲得する方が多いのでは?と考えています。


モスフードサービス(8153)の株主優待情報
※モスフードサービス公式サイト引用


同社の株主優待は年に2回権利獲得月があるため1年間保有すれば500円券を4枚貰うことができます。合計2,000円分です。


長期優待設定はありません。ちなみにダスキン(4665)だと長期優待の設定があります。


実はダスキンの株主優待でもモスバーガーやミスタードーナツ(ミスド)で利用することが出ます。私は両方の株主優待を頂いているためお得に利用できています。


また、配当利回りも低いためインカムゲイン狙いだとやや厳しい銘柄だと考えられます。


モスフードサービス(8153)の株主優待の詳細を調べてみました!最大2万円分貰える

モスフードサービスの株主優待について調べてみました。


優待クロス(つなぎ売り)を行っている方で資金力があれば大量に株主優待券を貰えます。他の銘柄を含めこれが現実です。


モスフードサービス(8153)から届いた株主優待


保有株数1年間に貰える株主優待
100株以上300株未満年間2,000円分(500円×2枚を年2回)
300株以上500株未満年間6,000円分(500円×6枚を年2回)
500株以上1,000株未満年間10,000円分(500円×10枚を年2回)
1,000株以上年間20,000円分(500円×20枚を年2回)


私の場合は単元株(100株)で2名義分の権利を獲得しています。


意外と一般信用枠が最後まで余っているため優待クロスでもいけます。ただ株価が高いため資金が必要になります。


証券会社によっては貸株金利が高い場合もあるため優待欲しさに早めにクロスすると経費がそれなりに発生します。


また、証券会社によって信用取引ルールなどが若干異なるため注意が必要です。特に資金面に不安を抱えている方はしっかり約定できているのか確認しておきましょう。


「売り」もしくは「買い」の片一方だけ約定するとやばいです。


kimukimu

権利獲得月は3月と9月の年2回です!!



モスフードサービス(8153)の株価推移と業績について調べてみました。配当利回りが低い

株高が続いているため同社株も高い位置にあります。コロナ禍では赤字転落となりましたがV字回復となっています。


モスフードサービス(8153)の株価推移
※SBI証券公式サイト引用(10年チャート)


2023年の業績予想では通期で営業利益が殆ど出ないようです。しかも赤字転落の予想が出ています。


来期以降は改善する見込みのようです。公式IRでもそのように予想が出ていました。


株価は過去10年確認で2,500円~3,500円のレンジとなっているようです。


現在の株価が3,285円で配当金が年間28円(14円×2回)なので配当利回りが0.85%になります。ちなみに優待利回りは0.61%です。


インカムゲインが年1.46%だと個人的には魅力が低いと感じます。


モスフードサービス(8153)の株主優待は改悪の可能性があるのか。長期保有に改定も?

モスフードサービスの株主優待が改悪される可能性は低いと思います。


マクドナルド(2702)の株主優待が改悪されたたためファストフード関連銘柄の優待改悪が気になりますよね。


モスフードサービス(8153)の株主優待で改悪の可能性は?
※モスバーガー公式サイト引用


マクドナルドとは異なり同社の場合は株主優待券1枚でバーガー1個買えない商品も多いです。


セットで頼むと手出しも多くなります。マクドナルドとは優待還元率に大きな差があります。


ただ業績が長期的に悪化した場合は苦渋の決断として優待内容が変更される可能性があるかもしれません。現状だと優待改悪はなさそうです。


kimukimu

もしかすると年1回の優待に変更されたり、長期保有などの縛りが発表されるかも?今すぐにはないとは思いますけどね。



モスフードサービス(8153)の株主優待まとめ!ダスキン(4665)も優待クロスしておけばOK

モスフードサービス(8153)の株主優待は利回りが低いため優待目的で購入する方は少ないと思います。


優待狙いなら他の銘柄のほうがコスパが良いですからね。


モスフードサービス(8153)の株主優待まとめ


私はインカムゲインで考えていますが、キャピタルゲイン狙いの方だと見方が異なると思います。


また、ダスキン(4665)の権利確定月もモスフードサービスと同じです。


しかもモスバーガーで利用することが可能なので資金的な余裕があれば優待クロスにチャレンジしておきましょう。ミスタードーナツ(ミスド)やその他の店舗でも利用可能です。


こちらも意外と一般信用枠が余っています。何故なら株価が高くコスパが悪いからです。


株主優待の改悪が続いているためモスフードサービスも気になりますが、優待券だけで食事をするには物足りないため結局は現金の支払いが必要になるパターンが多いはずです。


我が家だと家族で利用する場合、まったく優待券で足りませんからね。


kimukimu

3月末権利だと他の銘柄のほうがコスパが良いため一般信用売建は比較的簡単だと思います。ちなみに今回の優待券の画像は9月末権利分になります!



はじめてCOZUCHIに投資するとAmazonギフトカードが最大3万円分貰えます。


さらに当サイト経由のお申込みだと口座開設でAmazonギフトカードを2,000円分プレゼントしています。この機会にクラウドファンディングに投資してみませんか?


キャンペーンについては下記記事で詳しく説明しています。公式サイトにキャンペーンの表記はありません。


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。