マネジメントソリューションズ(7033)最終初値予想と気配運用記事になります。思っていたよりも初値が高くなりそうなので公募組は期待して良さそうです。みずほ証券主幹事案件となり、公開株数450,000株でOAは67,500株、上場による市場からの吸収額は約10.9億円と規模が小さいIPOです。


マネジメントコンサルティングなどを行っている企業になり、取引先大手にはリクルートHD(6098)や東京ガスiネットなどの名前があります。東証1部企業70社以上と取引し、受注が入ればリピート率も非常に高いようです。


マネジメントソリューションズIPO最終初値予想


項 目 気配運用の内容
板中心値段 2,100円(公募・売出価格)
上限値段 4,830円(更新値幅105円、更新時間10分)
下限値段 1,575円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 525円以上 8,400円以下


最終初値予想4,800円


コンサルティング系のIPOは最近強いため、同社の初値も期待ができそうです。モーニングスターによると、プロジェクトマネジメント実行支援の専門企業はないそうです。また業績面では急成長しており、2018年10月の連結業績予想は売上8.4%増、経常利益29.6%増となります。


取引先が大手企業ばかりとなっているため、個人投資家は安心して株を保有できそうです。結局は業績ありきですが、同社のサービスは事前にプロジェクトが成功するのか否か判断するために重要なサービスです。また可視化を行い管理ができるそうです。


マネジメントソリューションズ上場ニュース


ベンチャーキャピタル保有株やストックオプションは少なく、公開株式以外の株が流通する可能性も低そうです。幹事構成からも早売りはなさそうです。マネジメントソリューションズの詳細は下記に書いているのでよかったら参考にしてください。

⇒ マネジメントソリューションズ(7033)IPO新規上場と初値予想


当日に初値が付かなければ、初値5,300円あたりまでは上昇する可能性があるようです。マザーズ指数はいまいちな状態が続いていますが、日経平均は23,000円あたりまで戻してきました。直近IPOは強弱わかれていますが、これと言って材料もないためそれほど盛り上がりもないようです。


うだるような暑さを吹き飛ばす銘柄が出てくるといいですよね。マネジメントソリューションズは雰囲気的に初値持越しになり、GA technologies(3491)と被りそうですね。


プロレド・パートナーズ取扱い決定の岡三オンライン証券 【前受け金不要でIPO参加可能】
⇒ 岡三オンライン証券公式サイト