DMM株(DMM.com証券)で識学(しきがく)IPOを取り扱うことが発表されました。2019年1発目の上場銘柄に委託幹事として参加することが発表されています。予想外の展開ですが、DMM株が始まりIPO取扱いまでの期間が短く今後もかなり期待ができそうです。


抽選方法は乱数を用いた機械的な抽選を行うそうです。完全平等抽選になるため預かり資産や取引実績による優劣はありません。公式サイトにもはっきりと「完全平等抽選のため、裁量配分(取引実績や預かり資産などに応じた配分)はありません」と書かれています。


DMM株でIPO取扱いが開始される


【申込時の購入金額が不要】

IPO銘柄を購入できるかどうかは、抽選で決定します。抽選段階で購入金額を必要とする証券会社もありますが、当社では当選後の購入注文時まで購入金額は不要です。抽選~購入までの資金拘束がないため、投資資金の効率を悪化させることなく、お申込みいただけます。

抽選は、乱数を用いた機械的な抽選です。完全平等抽選のため、裁量配分(取引実績や預かり資産などに応じた配分)はありません。
※乱数とは、規則性がなく予測ができない数値のことです。



いよいよDMM株でもIPOの取扱いが行われます。IPOを専門としている方は既に口座を開設していると思いますが、委託幹事から平幹事、そして主幹事になることも今後十分に考えられます。サイト運営者は大体あの企業の位置を狙っているとわかるはずです。


手数料も業界最低水準であるため今後は台風の目になる可能性があります。また、スマートフォンやタブレットしか持っていない方もIPO抽選には参加できるため当選を狙って申し込んでみるとよいと思います。


発表された内容から前受け金不要で抽選に参加でき、当選後に購入申し込みを行えばよいため資金の有効活用ができとても楽です。


DMM.com証券IPO抽選ルール


本日発表されたのは識学(7049)になります。ブックビルディング期間が2月13日までなのでこれから口座を開設しても間に合う可能性は高いと思います。地方にお住まいの方でも1週間もあれば口座は開設できるはずです。都心だと1営業日~2営業日で口座ができるケースもあるようです。


驚きの内容が発表されましたが、私も妻の口座を開設して頂けるようにこれから妻に相談したいと思っています。なかなか動かない人なんですよね。まだ調べていませんがネット証券なので未成年口座も開設できるはずです。


松井証券の未成年口座も開設したいんですけど、まだ口座数が少ないDMM株の口座を優先的に開設したほうがよさそうです。IPO市場が活性化すればいいですよね。


DMM.com証券が株式市場へデビューしました! 【先行口座開設キャンペーンが凄い】
⇒ 株をはじめるなら、DMM.com証券

DMM.com証券(DMM株)画像