COZUCHI(コヅチ)が新サービスを導入します。これまで投資家から要望が多かった部分当選方式を導入します!


応募金額の一部が当選する仕組みになり、より多くの投資家に投資できる機会を提供します。旧WARASHIBE(ワラシベ)では行われていたと思いますが、COZUCHIでは初めて行われるサービスだと思います。


COZUCHI(コヅチ)で部分当選が開始


部分当選方式が初めて導入されるファンドは「目黒区東が丘レジデンス」になります。


同社にしてはおとなしめのファンドだと感じますが、富裕層を対象とした中古戸建物件になり、物件売却によりキャピタルゲインを狙います。


類似企業でも似たようなファンド組成が行われることもありますが、募集金額が4.15億円と大きく驚きました。地方に住んでいる私には土地勘がなく詳しくわかりませんが、「東が丘エリア」は高級住宅街になるそうです。


部分当選はファンド毎に異なると考えられます。ということでファンド内容を詳しく確認し部分当選について考察してみたいと思います!


COZUCHI(コヅチ)が部分当選方式を導入!ファンドに申込めば当選できるの?

COZUCHIはこれまで抽選方式の場合は応募締切日に抽選を実施し抽選結果を申込者に連絡していました。


そのため全額当選もしくは落選となったはずです。抽選に申込んでも当選しないといった声も多くなっていました。


COZUCHIの部分当選のメリット


これまで同社では抽選の都度、投資家に乱数を割当て抽選番号を付与するなどの機械的な抽選を行ってきました。


しかしこれから部分当選も行われると言うことで、ファンド抽選に申込むと当選する可能性が高まりそうです。


公式サイト確認では、応募額に応じて部分当選金額割合が高くなることはないと書かれています。察するに一定金額の平等当選になると考えられます。


ここで1つ疑問が生じます。同社では記事作成時点でデポジット口座が用意されていないと思います。そのため小額で部分当選した場合に振込代金の負担が投資を躊躇させると考えました。


ただ、公式サイトを確認すると退会方法の欄に「デポジット残高」という文字を発見しました。


kimukimu

しかし現段階でデポジット口座はありません。※確認済み



ということは数万円程度の当選だと振込代金の負担を考えると利回り低下となることが考えられます。


ただし投資家毎に用意された個別専用口座がPayPay銀行のため、同一銀行間(同行間)の振込だと振込手数料が発生しないと考えられます。


そのためPayPay銀行から振り込みができる方は、小額投資となった場合でもメリットがありそうです。


今後どうなるのかはわかりませんが、償還金や配当(分配金)をデポジット口座で管理できれば個人的には嬉しいです。PayPay銀行を利用しているため困ることはありませんが一手間減ります!


目黒区東が丘レジデンスのファンドについて考察してみました!富裕層に人気のエリア

目黒区東が丘レジデンスのファンドについて調べてみました。


部分当選方式の導入が行われる初めてのファンドになると思います。募集金額は4.15億円と大きく想定利回り5.00%、運用期間は12ヶ月になります。


目黒区東が丘レジデンスのファンド
※COZUCHI公式サイト引用


募集内容の詳細は以下のようになります。


インカムゲイン型ではなくキャピタルゲイン型のファンドなので注意してください。


項 目その内容
想定利回り5.00%(年利)
募集方法抽選方式
募集期間2023年2月06日(19:00)~2023年2月10日(13:00)
募集金額415,000,000円
利回り内訳
  • キャピタルゲイン4.90%
  • インカムゲイン0.10%
最小投資金額-円
運用期間2023年2月24日~2024年2月23日
劣後出資5.70%


募集金額が4.15億円と大きめなので抽選に参加すれば当選する確率は高いかもしれません。


同社のキャピタルゲイン型としてはやや利回りが低い印象です。しかし投資を行いたくてもまだできていない方にはお勧めできそうな案件です。


利回りが8.00%程度になると強烈な人気となってしまいますからね。口座開設(会員登録)を行ってまだ投資できていない方は抽選に参加してみるとよさそうです。


個人的には部分当選金額がどのあたりになるのか非常に気になっています。似たような規模のファンドでも募集額の数倍の資金が集まることも多くなりましたからね。

目黒区東が丘エリアファンドの投資ポイントを調べてみました

東が丘エリアという地域は、高級住宅街になり富裕層が多く住んでいるエリアだそうです。著名人も済む憧れの街としても有名みたいですね。


駒沢オリンピック公園が近くにあり、都心にいながら緑豊かな自然環境が広がる地域ということです。


目黒区東が丘エリアファンドの投資ポイント
※COZUCHI公式サイト引用


ファンド情報には駅徒歩5分かつ約100坪の土地とあります。不動産としては需要が高く市場に出回る期間も短くなるそうです。


基本的にすぐに買い手が見つかるようですね。


TRIADが大手不動産仲介会社から仕入れているため価格競争などもなかったようです。LAETOLIとTRIADは不動産を取扱う企業とも関係が多く、良質な不動産を直で仕入れることもあると伺っています。


kimukimu

過去に調べたファンドも似たような流れがありました。あとは知識や資金力で勝負することもあるはずです。



投資対象建物は地下付き2階建ての鉄筋コンクリート造の戸建住宅になります。ガレージ内に建物の入口があるそうです。プライバシーは高そうですね。


また、建物の利用状態が良いそうです。


本案件のような買取再販事業は、仕入れからすぐに売却活動を進めることがで、長期保有物件と比較した場合に事業リスクが低くなるそうです。


同社によれば売却先ターゲット先は「芸能関係者」や「経営者」などの富裕層だと言うことです。


COZUCHI(コヅチ)への投資に興味があれば元本割れについて調べてみたので下記記事も参考になると思います。元本が償還されるのか?とそこが一番気になるはずです。


現時点で元本割れや配当遅延はありません!!




COZUCHI(コヅチ)の部分当選方式は歓迎されるのか?まとめ

部分当選方式については歓迎している投資方が多いと考えています。先着方式だと仕事の関係もあり申し込みができない方も一定数います。


抽選方式でも募集金額の数倍の申込みとなることも多く、こちらも投資できないといった声もあるようです。


COZUCHI(コヅチ)の部分当選方式まとめ


そこで新サービスとなる部分当選方式が始まります!


口座開設を行った後に投資ができていない方は、部分当選方式が行われるファンドを利用していると良いかもしれません。


同社から送られてきたメールを見る限りファンド毎に申込み方式が異なると考えられます。当選者を多く出すと管理面のコストも発生するはずですからね。


定期的に新機能リリースが行われているため、今後もサービス拡充が続くと考えています。


また、今回の投資物件が高く売れたら投資家に上乗せで配当(分配金)が出る可能性も残されています。運用期間が12ヶ月となっていますが、その前に売却先が見つかり早期償還の可能性もあると思います。


多くの方に部分当選方式は歓迎されると思いますが、今後どのようにサービス展開していくのか注視しておきたいと思います!


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフト券1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じで最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。