LIXILビバ(3564)IPOが新規上場承認されました。

上場による吸収金額や時価総額などから東証1部へ直接上場する事が濃厚だと
思いますが、九州人にはなじみが少ない企業です。
埼玉県本社で関東圏に店舗が集中しており、北は東北・北海道まで店舗があります。
西日本には出店していないようですね。


LIXILビバ(3564)IPO新規上場承認


業種:小売業
市場:東証1部又は東証2部
公開予定:04/12
BB期間:03/28~03/31


【事業内容】
当社グループは、当社及び連結子会社4社の計5社で構成されており、ホームセンター事業及びデベロッパー事業を営んでおります。当社グループは「日本の生活文化に合った真のホームセンター業態を創る」を方針に掲げ、「住」に関するすべてを取り扱うという目的へ向かって変革を進めてまいりました。
消費者に望まれる新しいホームセンターにおいては、インテリア、ペット、園芸用品等の「ホームセンター商材」、家電製品、日用品及びカー用品等の「一般商材」だけではなく建築業界のプロフェッショナルのニーズに対応した商品ラインナップを備えることが必要と考えております。その結果、DIY商材とプロ用資材を強化し、サービスやカウンセリング販売に力を入れてまいりました。~省略~

まとめると⇒ 家庭日用品、インテリア用品、住宅設備機器等の総合小売業及び住宅リフォーム等の事業



【資金使途】
差引手取概算額93億96百万円については、ホームセンター事業等における成長戦略の加速及び既存店の競争力強化を目的に平成30年3月期に54億94百万円、平成31年3月期に39億2百万円を設備投資資金として充当する予定であります。

具体的には、平成30年3月期において、リフォーム需要の強い主要都市圏での店舗の新設に係る設備投資資金に26億54百万円、競争力強化を目的とした既存店の改装に係る設備投資資金に9億80百万円、顧客の購買動向の迅速な把握による顧客ニーズへの対応力強化及び在庫管理の高度化を目的としたPOSシステムを含むシステム関連に係る設備投資資金に14億60百万円、物流効率化のためのシステムを含む物流関連に係る設備投資資金に4億0百万円を充当する予定です。また残額39億2百万円については、平成31年3月期に、さらなる店舗の新設に係る設備投資資金60億0百万円の一部として充当する予定であります。



100株単位
公募株数 4,720,000株
売出株数 14,903,800株
合計株数 19,623,800株(196,238枚)   ←株数が多く当選は容易か?


想定価格 2,120円 ⇒ 21.2万円必要
仮条件  1,950円~2,200円にやや上振れ決定しました!
公開価格 04/03に決定予定です


【幹事団】
野村證券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券     カブドットコム証券
みずほ証券
大和証券
SBI証券
エース証券





■ LIXILビバIPOの評判と分析
オーバーアロットメントによる売出し2,286,200株
想定発行価格2,120円を基に吸収金額を算出すると約416億円となり、
オーバーアロットメントを含めると約464.5億円です。
ちなみに時価総額を想定ベースで算出をしてみると約948億円規模になります。
LIXILビバHP⇒ 世界中の人びとの豊かで快適な住生活の未来に貢献


LIXILビバ(3564)IPO初値予想
↑クリックで拡大します      ⇒ なぜSBI証券のIPO口座を開設した方がよいのか


次世代型ホームセンター「SVH」を中心に展開している企業になります。
売場面積10,000㎡超を目安として資材館、生活館、ビバペッツ、ガーデンセンターで
構成された大型店「SVH」、SVHの品揃えとサービスを凝縮した都市型中規模店
「NVH(ニュービバホーム)」の展開、地域密着型の住まいと暮らしの便利な
お店としての「VH(ビバホーム)」の運営を行っています。
その他、デベロッパー事業として不動産賃貸及び付帯するサービスも行っています。


会社設立は1993年06月、埼玉県さいたま市浦和区上木崎に本社を構えます。
社長は渡邉修氏(62歳)、株式保有率は0%です。
株式会社LIXILグループが100%保有しています。
従業員数は1,393人(臨時雇用4,504人)を抱える大きな企業です。
平均年齢は38.5歳、平均勤続年数12.3年、平均年間給与約541万円です。


LIXILビバ(3564)評判人気 
↑クリックで拡大します      ⇒ マネックス証券のIPO抽選は完全平等抽選なのか?


【ロックアップの状況】
グローバル・オファリングに関連して、貸株人は、ジョイント・グローバル・コーディネーターに対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の平成29年10月8日(当日を含む。)までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、ジョイント・グローバル・コーディネーターの事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売付等(ただし、引受人の買取引受けによる国内売出し、海外売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びグリーンシューオプションが行使されたことに基づいて当社普通株式を売却すること等は除く。)を行わない旨を約束する書面を平成29年4月3日付で差し入れる予定であります。



ロックアップは180日間(平成29年10月08日)、ロックアップ解除倍率の記載
はありません。
現在のところ株主優待の設定は無いようです。
代表者の経歴を見るとダイエー入社後、子会社の代表取締役を務めているようです。
LIXILビバの業績を見ると、売上の伸び率は鈍いようですが、連結利益は伸びている
ように思います。


IPO記事はブログ村⇒     



配当性向は連結配当で30%となっています。
ホームセンターIPOの重要はあまり無いと思いますが、過去には成功している銘柄
もあり、配当数値が高ければある程度人気になる事も予想できます。
ベンチャーキャピタル出資は無く、上場時の株主も解り易い構造です。
とりあえずIPOには参加するスタンスです 


LIXILビバ(3564)IPO幹事です!! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業です 【岡三オンライン証券】 





LIXILビバ(3564)初値予想とIPO分析 | 参加スタンスで良いのか?記事へ