エディア(3935)IPOが新規上場承認されました。

SBI証券主幹事案件になりますが、ゲーム系IPOでかなり人気になると
予想されます!!
株数も少なく狙えたら狙いたいIPOですね。


エディア(3935)IPO新規上場承認


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:04/15
BB期間:03/30~04/05


【事業内容】
当社は、『SMART MEDIA COMPANY』を企業コンセプトに掲げ、スマートフォンなどのモバイル向けコンテンツサービスの企画・開発・運営を行うモバイルインターネットサービス事業を主たる事業としています。当社の特徴としては、携帯電話の黎明期から実用性とエンターティメント性にこだわった「新しくて面白い」モバイル向けコンテンツサービスを手掛けてまいりました。変化の激しいモバイル業界にタイムリーに対応するため、企画から開発、運用に至るまで一貫して社内で内製できる体制を構築し、ゲームからナビゲーションまで自社開発できる高い技術力を有しています。

まとめると⇒ ゲームサービス事業、ライフサポートサービス事業



【資金使途】
手取概算額217,272千円及び「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限50,566千円については、以下の投資に充当する予定であります。

ゲームサービスにおいて、事業拡大における新規ゲーム開発に伴う投資費用150,000千円(平成29年2月期75,000千円、平成30年2月期75,000千円)を見込んでおります。
ゲームサービスにおける将来の売上規模の拡大を目指し、新規ユーザーの獲得を図るための広告宣伝費として50,000千円(平成29年2月期25,000千円、平成30年2月期25,000千円)を投下します。
組織力強化を目的に管理部門の増員のため、採用費及び人件費として17,838千円(平成29年2月期7,000千円、平成30年2月期10,838千円)を見込んでおります。
事業規模拡大に伴うオフィス増床及びオフィス構築費用として30,000千円(平成29年2月期30,000千円)を見込んでおります。
将来の組織拡大に対応できるよう、販売管理システム及び会計システム等の社内基幹システムの刷新費用として20,000千円(平成30年2月期20,000千円)を見込んでおります。

なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針であります。



100株単位
公募株数 160,000株
売出株数 83,000株
合計株数 243,000株(2430枚)   ←プラチナIPO来ました!


想定価格 1510円 ⇒ 15.1万円必要
仮条件  1510円~1630円に決定しました!


【幹事団】
SBI証券(主幹事)      ←主幹事は絶対に申込です!
SMBCフレンド証券
極東証券
みずほ証券
岩井コスモ証券   ←後期型抽選なので申込忘れ多数
岡三証券       岡三オンライン証券?
高木証券
東洋証券
マネックス証券    ←預け入れ資金に左右されない完全抽選
水戸証券





■ エディアIPOのポイント分析
オーバーアロットメントによる売出し36,400株
想定発行価格1510円を基に吸収金額を算出すると約3.67億円となり、
オーバーアロットメントを含めても約4.22億円となります。
小粒案件でよろしいですが、財務がいまいちのようです(汗)
エディアHP⇒ モバイルメディアを通じて人々に笑いをもたらす


エディア(3935)初値予想と売上実績
↑クリックで拡大します    カブドットコム証券の口座開設で1000円貰えるタイアップ


売上は横ばい傾向で利益が不安定です。
大赤字の時もあれば大きな利益を生む事もあるようです。
事業はスマートフォン等のモバイル向けコンテンツサービスの企画・開発・運営
を行い、企画から開発、運用に至るまで一貫して社内で内製できる体制を構築
しています。


IPOではソーシャルゲーム人気なので需要はありそうですが、大手初値予想を
一度確認したいところです。初値2倍程度を視野にと言った感じでしょうか。


会社設立は1999年04月になり、本社は東京都千代田区一ツ橋になります。
社長は原尾正紀氏で48歳になられます(株式保有率は36.65%)
従業員数は54人で平均年齢は31.8歳、平均勤続年数は4.1年、平均年間給与
は約410万円となります(臨時雇用は年間6人)


エディア(3935)IPOロックアップと株主状況 立花証券 ストックハウス 口座開設プロモーション
↑クリックで拡大します       現金と食材が貰えるタイアップ【ヒロセ通商さん】


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、当社の株主である投資事業組合オリックス8号、株式会社FEインベスト、オリックス7号投資事業有限責任組合、みずほキャピタル株式会社、FEVC1投資事業有限責任組合、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、エスシージェイジャパン株式会社、株式会社ヒロ・アセット、株式会社主婦の友インフォス情報社、夏目三法、夏目理江、東森喜代、割田朋香、伊藤雅人、夏目大造、大亀麿央、夏目智恵、永徳克己、夏目裕子は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の平成28年7月13日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却等(ただし、引受人の買取引受による売出及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所取引における売却等は除く。)を行わない旨合意しております。なお、上記株式のうち、投資事業組合オリックス8号は50,000株、オリックス7号投資事業有限責任組合は15,000株、みずほキャピタル株式会社は12,500株、株式会社ヒロ・アセットは5,000株、SMBCべンチャーキャピタル株式会社は6,000株が、ロックアップ対象株式となります。



 株ブログ IPO・新規公開株    


ロックアップは90日間でロックアップ解除倍率は1.5倍になります。
ベンチャーキャピタルにはロックアップが掛けられているようです。
エディアIPOは小粒上場なので人気になると考えられますが、業績がやや問題
かもしれません。
個人的には全力申込間違いなしです!!


エディア(3935)IPO主幹事のSBI証券!! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】




エディア(3935)初値予想とIPO分析【これは儲かるIPOだろ!】