IPOとは未上場企業が新規に証券取引所へ上場し、投資家へ株式を取得させる事を指します。新規公開株や新規上場株式とも言われます。砕いて言えば、非上場企業が公募や売出を行い証券取引所へ上場する事です。人気がある銘柄は初値が数倍にもなるため鉄板投資方法ともいわれています。


IPOとはなんだろう? 新規上場株式


皆さんも既にご存知だとは思いますが、IPOに当選すれば株で勝てる確率は
かなり高いのでここ数年はIPOに参加される方が増えてきました。
IPOブロガーなどもよく雑誌に掲載されていると思います。


そこで今回は、昔からIPOをされている方はご存知だと思いますが
IPOの当選確率を上げることが可能な株主優待を取得したのでご紹介しておきます。
それは大和証券グループ本社(8601)の株主優待を使えば「ダイワのポイントプログラム」
が貰えます。これは大和証券のIPO申込において多少優遇されるので、押さえておき
たいところです。


通常この大和ポイントを頂くには株式などの売買手数料や債券などの買付金額により
ポイントが貯まります。しかし、これを株主優待で取得してしまおうという発想です。


大和証券のIPO当選(チャンス当選)


そしてどうなるのかと言えば、通常は幹事引受の15%をインターネット(ダイレクト)口座に
回すことになっています。これでポイントを持っていない方は終了です。
しかし大和証券の公式サイトを見ますと、
販売予定数量の5%を大和ポイントプログラムの交換ポイントに応じて配分
としています。この5%枠でさらに当選確率を上げることが可能なのです。


そうしますと、画像のようにチャンス当選という配分が行われたします。
画像では通常枠で当選も頂いたので、どこまで効力があるのかは微妙ですが、
ブログ村などのIPO当選報告を見ていますと、ここ2年ほどチャンス当選される方が
多い気がします。
個人的見解になりますが、それまではチャンス当選をされる方を殆ど見ませんでした
ので何かしら優遇されている割合が高くなったのではないかと感くぐってしまいます。


大和ポイント


しかし、この大和ポイントにもランクがあり、ポイントに応じた抽選が行われますので
IPOに当選する確率は上がりますが、当選出来るかどうかはまた別なのです。
とは言え、株主優待を取得すれば多少IPOの当選確率が上がると知っていれば
ここに時間を割くのも悪くは無いと思います。


1年を通してみると何度かこの上場規模であれば当選確率もかなり見込める!
という株がでてきますので、その際は私のようにダブル当選も可能かもしれません。
IPOは比較的当選しやすい宝くじなどとも表現される事もありますが、確かに当選すれば
勝てる確率が高く利益が出るイメージは強いです♪


だからもう7年くらい続けて1000万以上取れてるんですが 
一気にお金が貯まる訳ではありませんが、続けることは何にしても大事だと思います。
能力が無いので、続けることしかできないとも言えますが・・・・






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事