日本郵政グループの上場が近づいています。
公開価格が難点だと日本経済新聞に書かれていますが、それよりも証券90社体制
でIPOをばらまくそうです!!!


人気IPOブログ


【日本経済新聞社】
日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の3社の上場にあたり、野村証券やゴールドマン・サックス証券など国内外の11社が招集され、巨大な幹事団を結成している。それだけではない。株の販売体制は地方証券やネット証券など90社程度に膨らむ。「オールジャパン」で上場を後押しする。背景には「幅広く国民が所有できるようにする」との政府の意向がある。3社合計の株主数は100万人に達する可能性がある。トヨタ自動車のざっと2倍の規模だ。時価総額10兆円はソフトバンクグループや日本たばこ産業を上回り、市場に与える衝撃は大きい。
期待を高めているのが個人投資家だ。知名度は抜群で、証券会社には個人から問い合わせが相次いでいる。日本郵政は純利益に対する配当の比率を50%以上にする方針だ。メガバンクの20~30%を上回っており「電力株に代わる安定配当株として人気になりそう」(国内証券)な勢いだ。



個人投資家の株主数は100万人に達する可能性があると推測されているようですが、
機関投資家が頭を悩ませているようですね。
資金が限られているとあります。
また政治と絡んだ思惑などもあり非常に難しいようです。


配当性向は50%に設定されるようですが、国策とは言え問題もある気がしますが?
JTやトヨタ、メガバンクどころの時価総額では無いのでとにかく異例です。
そうなると公開価格を上回ると思いますが、中国暴落がどう影響しますか?
個人的には参加意欲がありますが、発表まで考えないでおきます。