デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)IPOが新規上場承認です!システム系の企業で利益も順調で初値予想も結構よさそうですね。SMBCフレンド証券の公開価格割れは今まで見たことがありません。今回も高く発進することでしょう!


デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)IPO初値予想


業種:情報・通信業
市場:ジャスダックS
公開予定:06/18
BB期間:06/01~06/05


【事業内容】
当社グループは、独立系の情報サービス企業として当社及び連結子会社2社により構成されており、ソフトウェア開発事業及びコンピュータ販売事業を営んでおります。



【資金使途】
手取概算額284,400千円については、「1 新規発行株式」の(注)5 に記載の第三者割当増資の手取概算額上限84,787千円と合わせて、以下の使途に充当する予定であります。

人材の採用及び育成のための研修設備の改修・構築費用として、横浜研修センター、松山研修センター、仙台研修センターに合計110,000千円(平成28年6月期:110,000千円)、研修講師の採用費用として20,000千円(平成28年6月期:10,000千円、平成29年6月期:10,000千円)
業容の拡大に伴う名古屋事業所の開設費用として15,000千円(平成28年6月期:15,000千円)
事業の効率化のための事務機器購入費用、ソフトウエアの更新費用として70,000千円(平成28年6月期:70,000千円)
売り上げ拡大のための新商品の開発費用として100,000千円(平成28年6月期:50,000千円、平成29年6月期:50,000千円)
 上記以外の残額は、借入金の返済に充当する予定であります。
 なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品で運用する予定であります。



100株単位
公募株数 250,000株
売出株数 230,000株
合計株数 480,000株(4800枚)


想定価格 1280円 ⇒ 12.8万円必要!
仮条件  1200円~1300円に決定しました


【幹事団】
SMBCフレンド証券
SBI証券
岡三証券       岡三オンライン証券
東洋証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
むさし証券


           



■デジタル・インフォメーション・テクノロジーIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し72,000株
想定発行価格1280円に基づく吸収金額は約6.1億円となり
オーバーアロットメントを含めて算出すると約7.1億円となります。


デジタル・インフォメーション・テクノロジーIPO売上分析
↑クリックで拡大します  


売上・利益共に順調のようです。
また幅広い事業を行っている事が特徴で独自性、多面多様のIT企業と自負しています。
金融業・通信業・流通業・運輸業等の幅広い分野においてのスクラッチ開発も手掛け
サポートやインフラ、運用などにも対応しています。
さらに組込み開発事業ではモバイル機器、車載機器、情報家電機器及び通信機器等
のソフトウェア開発も手掛けています。


会社設立は2002年1月で東京都中央区八丁堀に事務所を構えます。
社長は市川憲和氏で75歳になられます。
元々は昭和55年に日本オートマトン株式会社から始まっているようです。
従業員数は744名となっており多いです。
平均年齢は37.1歳、平均勤続年数7.4年、平均年間給与は約534万円です。


デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916)ロックアップ状況
↑クリックで拡大します   


【ロックアップの状況】
本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である市川憲和及び売出人である中島久幸、村上誠並びに当社株主であるNIインベストメント株式会社、株式会社三菱東京UFJ銀行、カシオ情報機器株式会社、市川聡、進藤稔、井上幸一、橋本達也、新堀昭弘、有地正光、市川武志、本間市子、楠秀範、飯嶋範崇、松尾満博、村山憲一郎、馬場太一郎、柴尾明子、岩田武己、中川彰二、小松裕之、竹内誠、清水弘文、泉亭克憲、花輪直樹、土居聡、山田佳之、大川雅史、中村時彦、梶谷延由、中神好充、太代雅久、萩野誠は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の平成27年12月14日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。



ロックアップは180日間となりロックアップ解除倍率の記載はありません。
配当性向は12.9%と低いですが、今まで出ていたようです。
ストックオプション株数は結構あるみたいです(汗)
連日のIPO上場となりますが、吸収金額が少なく特に問題はなさそうです。
セキュリティー関係のIPOも初値上昇傾向にありますので、参加スタンスです。
6月IPOも何とか当選して利益を出したいものです♪

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!