今月に入り粉飾上場的な話が多くニュースに取り上げれています。IPOを好むものにとってかなり神経質なニュースですが、ここにきてまたもや業績予想の下方修正リークです。秋には日本郵政グループIPOが控えており、業界でも神経質な動きとなっているようです。


【日本経済新聞】
「2つの『G』」。IPO業務に携わる市場関係者間での話題のキーワードだ。一つ目の「G」は、昨年12月に東証1部に上場し、上場後わずか2カ月半後に2015年4月期の連結営業損益が4億円の赤字になる見通しを発表したスマートフォン(スマホ)ゲームのgumiだ。上場後に業績予想の下方修正を繰り返したジャパンディスプレイ(1部)や会計処理の疑義などが明らかになったエナリス(マザーズ)、gumi同様に上場直後に業績予想を減額したフルッタフルッタ(同)など、投資家のIPO市場に対する懸念を醸成した会社が相次いだが、だめ押しとなったのがgumiだ。

もう一つの「G」は、今月28日に東証マザーズに上場するGunosyだ。インターネット上の膨大な情報の中から、利用者の興味や関心に合わせて情報を配信するニュース閲覧アプリ「Gunosy(グノシー)」を運営する。公募・売り出し価格(公開価格)は1520円。公募や売り出しで60億円強調達する。

市場関係者が警戒する理由はグノシーの高PER(株価収益率)だ。同社が見込む15年5月期の単独最終損益は500万円の黒字(前期は13億円の赤字)。公開価格をもとにしたPERは5000倍を超える。PERが算定不能な赤字企業の新規上場がないわけではないが、公開価格の設定(プライシング)に違和感を抱く市場関係者は少なくない。同社が計上した利益についても、ある証券アナリストは「グノシーに一部出資する広告会社を通じた広告出稿量が足元で急増している。上場前に業績を良く見せようとするための一時的な売り上げ増の可能性が捨てきれない」と懐疑心を隠さない



ジャパンディスプレイ(6740)、エナリス(6079)、フルッタフルッタ (2586)
gumi(3903)などが業績下方修正や会計処理疑惑で投資家に対する懸念を産み、
怪しさムンムンのGunosy(6047)IPOが4月28日に上場します。
あと1年待って完全黒字化で上場すればよかったのに?
と私が思ったくらいなので懐疑的な目で見られるのは当然でしょうか。


グノシーの福島良典社長は業績が保守的に見積もっているので、黒字転換の可能性
は高いと発言しているようですので、これで減益発表だと主幹事の責任はかなり
問われる事になるでしょう。
想定発行価格1520円で仮条件上限は1520円となり、資金吸収上場とならない事を
祈ります。

「利用者や広告収入は足元で伸びており、業績拡大への自信」だそうです。

またIPOやPOに申込む方が少し減っているというニュースもあります。
公募(PO)に関しては減っていると体感できますが、IPOについては儲かりそうな
銘柄が少ないだけだと思うんですが・・・

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!