ジグソー(3914)IPOが新規上場承認されました。ビックデータ関連の銘柄になるという事でIPOでは絶大な人気を誇ります。内容が掴み難くてカタカナが良いのかも!?間違いなくこの株は上がると思うため積極的にIPO申込をしたいと思います。


ジグソー(3914)IPOブログ


業種:情報・通信業
市場:東証マザーズ
公開予定:04/28
BB期間:04/13~04/17


【事業内容】
当社は、世の中のインターネットサービスが快適かつ安定稼動するために、IoTビッグデータ(注1)をベースとした自動運用サービス(インターネットシステムの自動マネジメントサービス)を提供しております。当社は、IoTビッグデータやインターネットにおける基盤技術力をベースとした自動化を進め、「インターネットに安心をご提供する」をミッションとし、お客様、社会のインターネットサービスを支え・守る「マネジメントサービス事業」を「オートセンサリング&オートディレクション(A&A)(注2)」というコンセプトで展開しております。当社が現在ターゲットとしている市場は、国内だけで約3.7兆円のマーケット(「システム保守運用サービス市場の実態と展望2013」株式会社矢野経済研究所より)であり、今現在も成長し続けております。

まとめると⇒ IoTビッグデータをベースとした、インターネットシステムの自動マネジメントサービス事業



【資金使途】
手取概算額379,760千円及び「1 新規発行株式」の(注)3に記載の第三者割当増資の手取概算額上限71,852千円については、以下の使途に充当する予定であります。

① A&A技術開発(注1)及び監視ロボット(注2)、人工知能(注3)及びスマートマシン(注4)の研究開発に係る人件費等として129,000千円(平成27年12月期:28,000千円、平成28年12月期:48,000千円、平成29年12月期:53,000千円)
② 今後の事業拡大のための優秀な人材の確保等を目的とした採用活動費及びその人件費として145,000千円(平成27年12月期:20,000千円、平成28年12月期:50,000千円、平成29年12月期:75,000千円)
③ 人員拡充に伴う本社設備増強及び東京オフィス移転費用として150,000千円(平成27年12月期:15,000千円、平成28年12月期:120,000千円、平成29年12月期:15,000千円)

なお、残額は、財務体質及び経営基盤安定化のため、金融機関からの借入金の返済に充当する予定であります。



100株単位
公募株数 200,000株
売出株数 50,000株
合計株数 250,000株(2500枚)


想定価格 2090円 ⇒ 20.9万円必要!
仮条件  2090円~2390円に決定しました


【幹事団】
SMBC日興証券
大和証券
マネックス証券
SBI証券
東海東京証券
岡三証券  岡三オンライン証券
いちよし証券


     



■ ジグソーIPOのポイント
オーバーアロットメントによる売出し37,500株
想定発行価格2090円を基に吸収金額を算出すると約5.2億円の吸収になります。
オーバーアロットメントを含めると約6億円と小粒です。
現在のところ3社同日上場となっており資金分散が残念ですが、人気はあると思われます。
ジグソーHP⇒ インターネット(IoT)に安心をご提供する


ジグソー(3914)初値予想
↑クリックで拡大します    口座開設で1000円貰える♪⇒ au カブコム証券


売上・利益は順調のようですが、他社と比較した場合にさらなる利益追求を求められる
でしょう。上場規模が小さく、話題性はあるので初値は良好だと思われますが、
事業の拡大が今後求められると思います。
また地方に企業住所がありこれもネックかもしれませんね。
月面探査等に関わるIoTビッグデータアナライズサポート等も行っており全国的に話題と
なったHAKUTOなどにも関わっている企業です。


会社設立は2001年11月となり、北海道札幌市北区北八条西に事務所を構えます。
社長は山川真考氏となり48歳となります。
従業員数は48名をかかえ、平均年齢は33.5歳、平均勤続年数は2.5年、平均年間給与
は約406万円となります。


ジグソー(3914)IPO ロックアップ状況 株主構成
↑クリックで拡大します


【ロックアップ】
本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である山川真考、当社株主である関﨑美智子及び高橋美里は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の平成27年10月24日までの期間中は、SMBC日興証券株式会社(主幹事会社)の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等を行わない旨を約束しております。
当社株主であるJun Emi、トランス・コスモス株式会社、AITHER LIMITED、Net Capital Partners Limited、斉藤誠、Webcast Enterprises Limited、Richard Lo、サンエイト1号投資事業有限責任組合、サンエイト・PS1号投資事業組合、斉藤享子、サンエイト・エンファンド第3号投資事業組合、Theodore Lo及びサンエイト・エンファンド第2号投資事業組合は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の平成27年7月26日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)の売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出における売出価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束しております。



ロックアップは90日間と180日間に分かれています。
またロックアップ解除倍率の記載はありません。
配当は一度も実施したことがありませんし、優待もありません。
社長の山川真考氏保有株式は18.72%とやや低くなっています。
他社の代表取締役なども兼任されており有望な方のようです。もとはリクルート出身ですね。
同日上場が無ければ、さらに美味しいIPOでしたね 
どのみちプラチナIPOでそこそこの単価なので競争倍率は高いでしょうけど(汗)

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

1円から投資できるスキームを実際に利用した経験から他社にない仕組みだと実感しています。安定した利益を継続的に狙いたい投資家にお勧めのソーシャルレンディングです!

またFunds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的にまとめています。

Funds(ファンズ)公式へ

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。

ソーシャルレンディングへの投資総額は300万円を超えました。余裕資金があればぶち込みですね!