ソフトマックス(3671)のIPO考察記事


業種:情報・通信業
市場:マザーズ
公開予定:3/12
BB期間:2/22~2/28


【事業内容】
当社及び当社の関係会社(非連結子会社1社と関連会社1社により構成)は、電子カルテシステム・オーダリングシステム・医事会計システム等の総合医療情報システムの開発・販売及び保守サポートを中心とするシステム事業を行っております。なお、当社の事業は単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しておりますが、販売区分は「システムソフトウェア」、「ハードウェア」、「保守サービス等」としております。


【資金使途】
データセンターの設備投資資金として平成25年12月期に64,000千円、及び長期借入金の返済として平成25年12月期に187,500千円を充当する予定にしております。残額については、将来の設備投資資金に充当する予定でありますが、具体的な資金需要が発生し、支払時期が決定するまでは、安全性の高い金融資産で運用していく方針であります。


100株単位
公募株数 300,000
売出株数 200,000
合計枚数 500,000(5000枚)


想定価格 1050円 ⇒ 10.5万円必要!
仮条件  1100円~1300円  


野村證券(主幹事)
みずほ証券
東海東京証券
SBI証券
日本アジア証券
岩井コスモ証券


---------------------------------------------------


ソフトマックスの吸収金額は仮条件上限で算出すると約7.5億円となります(OA込み)
株数はOA込みで5750枚と少ないし、ましてや野村証券主幹事なので当選は極めて
難しいと思います。その他の証券会社で当選することもかなり厳しいでしょう。
協立情報通信を見てもIPO人気は依然として続いており、ソフトマックスも人気化
すること間違いなしでしょうか。
100株でよいので当選したいです!


ソフトマックス初値
↑クリックで拡大


【幹事配分】
野村證券(主幹事)425,000株
みずほ証券     15,000
東海東京証券   15,000
SBI証券      15,000
日本アジア証券  15,000
岩井コスモ証券   15,000


【業績等の概要】
売上高2,957,353千円(前期比15.1%増)
営業利益104,144千円(前期比68.9%増)
経常利益130,356千円(前期比67.4%増)
当期純利益54,574千円(前期比12.1%増)

※受注状況は受注高2,018,492千円(前期比21.8%減)
受注残高1,659,059千円(前期比14.3%減)となっています。


株式状況はロックアップが90日となり1.5倍で解除されます。
PERは仮条件上限で算出すると約10倍となります。
また「総合医療情報システムの開発・販売及び保守サポート」を行っており
今後も安定的に利益を確保できそうなイメージがあります。
それに増益の予想が出ているので人気化しそうなきがしますよ~
しかし当選しないことには利益に結びつかないのよね・・・・・


【類似企業】
データホライゾン(3628)
ピーエスシー(3649)
ソフトウェア・サービス(3733)
シーエスアイ(4320)


ストックオプション残はなくVCと呼べる株主もいないため比較的需給はよいと思います。
ここ最近のIPO初値形成において「売り」が明らかに少ないので当選は困難・・・
今までよりも個人への配分が少ないと思われます。
こうもIPOに人気が集中すると何でも上昇しそうな勢いがしてなりません。
GETできた方は飲みに出て経済効果を上げましょう♪
協立情報通信の初値を考慮すると2300円と仮条件上限の2倍以上かな?






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事