ティーライフ(3172)が新規承認されました。
IPO的には魅力が薄い小売業のジャスダックSです。


業種:小売業
市場:ジャスダックS
公開予定:03/06
BB期間:2/16~2/22


【事業内容】
自社で企画した健康茶、健康食品、化粧品等の通信販売事業


100株単位
公募株数   750,000
売出株数   500,000
合計枚数 1,250,000(12500枚)


想定価格 530円 ⇒ 5.3万円必要!
仮条件  480円~530円


野村證券(主幹事)
静銀ティーエム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SMBC日興証券
SBI証券
みずほインベスターズ
岡三証券
高木証券
日本アジア証券


■ ティーライフ(3172)のポイント
オーバーアロットメントによる売出し187,500株
想定発行価格ベースで吸収金額を計算すると約6.6億円
オーバーアロットメントを含めると7.6億円になります。

【事業詳細】
個人消費者に対し、独自のカタログにより健康食品、化粧品等を中心とした通信販売事業を行う。インターネットによるショッピングサイトも展開。製品の製造、受注、出荷業務等をアウトソーシングすることにより業務をスリム化し、製商品開発やマーケティング業務に注力。※主力カタログは『さらら』(健康食品関連事業)と『炭の露』(化粧品事業)

2011年7月期の売上構成比は健康食品関連事業87.7%、化粧品事業12.3%

率直な意見は、微妙すぎる銘柄で人気があるとはあまり思えません。
創業者とVCさんが儲かる案件か?
それから検索かけたら販売ページは別にあるようですね~
頑張っているようでした♪

売り上げは横ばいで、配当はありです。
調達資金使途が、インターネット広告等による新規顧客獲得のための広告宣伝費
に充当予定となっています。

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!