SBI証券で1,000株当選していたソフトバンク株を購入しようと考えていました。そのため、他社で当選していたIPOをキャンセルして回っていたところ、なんと追加当選しているではありませんか!いやこれって資金枠の上限の買い付けになっていませんか?


気が付いてからあたふたしている場合ではなく、資金枠がなくなると他のIPO抽選に参加できません。これから12月の優待獲得もあることなので300万くらい入金を予定していたところの出来事です。まじ?


SBI証券でソフトバンクIPOが大量当選


前回当選していた1,000株で購入していたらどうなっていたのだろうか?とそこも疑問ですが買付金が無くなると色々と不味いのでキャンセルしてしまいました。株数を指定しての購入は確かできなかったと思います。全部買わないといけないため仕方がありません。


リンクの抽選は主幹事になっていますが、資金を積み上げることはなくそのままブックをすることになります。予定が色々と崩れ段取りがうまくいきませんでした。


ソフトバンクSBI証券辞退


これで2,100株分の当選を逃がしてしまいましたが、アルテリア・ネットワークス(4423)の寄付きを見ていたのでよかったのかもしれません。100万株以上の売り越しとなっていましたし、シンジケートカバーと思われる板も売買成立後に引っ込められました。だから余計に下げ1,250円の株が9分後に1,150円まで落ちています。


明らかに売りたい人が沢山いる市場です。11月上場の銘柄の中には値が飛んだものもありますが、12月はさらに悪化している気がしてなりません。毎年のバブル相場とはやや状況が違うようです。


SBI証券によれば「当選株数と補欠当選株数の買付余力拘束が過小」となっていたそうです。どうなんだろ?欲しい方には嬉しい話ですが、1,000株で満足していた私には株数を入力できるようにシステムが組んであれば嬉しかったです。


購入期限は12月13日の12時までなので忘れないようにしておきましょう。IPOチャレンジポイントを頂くことも叶いませんでした。


ソフトバンクは支店では人気なのか?購入者続出?

聞いた話ですが、店頭で申し込みをされている方は強気姿勢の方が多いそうです。割れるわけがない!大型上場は安定している。配当が5%なので数年持つ間に株価は伸びる。と言った言葉も聞かれます。


資産を寝かせておくだけの余力がある方はよいですが、我々のようにIPO初値売却益だけを得る投資家には無理な話です。資金を回転させ利益を出し続けなければなりません。だから面倒な作業でも耐えられるわけです。


ソフトバンク店頭配分状況


これまでの大型上場でも数百万円の投資を行っても1日~2日のうちに回収しています。今回はリスクがそれなりにあると個人的に考えており、キャンセルはリスクを取りたくなかったにすぎません。考え方は人それぞれです。ネットで情報を見過ぎて逆に憶病になっているだけなのかもしれません。


関係者は1,500円を超えてくる予想が多いようですが、手数料で持っていかれてもですね・・・


と言っても既に購入した株もあるため何とか公開価格を超えて、すべての参加者にご利益がある展開を望んでいます。ここにきて当選株数が増えると予定が崩れるので参りました。SNSでは多くの情報が掲載されています。追加で数千株もいらないと言った声も上がっています。


今回は色んなことが連続して起きていますが、ソフトバンクの株は本当に売り切れるのか?と少し心配しています。初値で買いたい方がどれだけいるのかも検討がつきません。ソフトバンクのグレーマーケットは買い1,510円で売り1,580円となっているようです。通信障害がなければ皆さん購入していた気がします。


ソフトバンクIPO主幹事に決定しました! 【IPOを始めるなら口座は絶対に必要です】
⇒ SBI証券公式サイトへ