揚羽(アゲハ)[9330]IPOの上場直前の初値予想と東京証券取引所から発表された気配運用を調べました。


岡三証券主幹事の小粒案件なので初値利益が見込めそうです。このIPOが駄目なら個人投資家の資金はしばらく期待できそうにありません。


揚羽(アゲハ)[9330]IPOの上場直前の初値予想
※揚羽公式ページ引用


東京証券取引所から発表された気配運用は下記のようになります。

項 目気配運用の内容
板中心値段1,400円(公募・売出価格)
上限値段3,220円(更新値幅70円、更新時間10分)
下限値段1,050円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲350円以上、5,600円以下


企業ブランディング支援などを行う企業なのでIPOではそこそこ人気だと考えています。


業績水準が低いため不安もありますが、コロナ禍が終焉し同社のビジネスは今後期待できそうです。


株価設定に割高感も感じられるようなので初値がガンガン上がるようなことはなさそうです。セカンダリーで急伸すれば続くIPOに期待できますけどね。


個人投資家の買い意欲が落ちているため何か切欠となる材料が欲しいところです!


ライズ(9168)とインテグラル(5842)の上場はかろうじて公開価格同値で発進しましたが、大人の力が加わったようにも感じますよね。


揚羽の上場規模は約7.2億円、時価総額は約18.9億円となります。オファリングレシオ約38.1%となっています。


上場内容や業績などについては下記記事でまとめています。

「IPO承認」揚羽(アゲハ)[9330]の上場データと初値予想を考察!
「プレ初値予想」揚羽(アゲハ)のIPO評価!利益期待あり


揚羽(アゲハ)の上場直前の初値予想はこうなる!

揚羽の上場直前の初値予想について調べてみました。


上場直前の初値予想


大手の上場直前の初値予想は1,800円となっています。1単元あたり4万円の利益予想になります!!


新奇性はありませんがある程度期待できると考えられています。不動産株よりも人気となる判断みたいですね。


これからしばらく上場する銘柄が続くため公開価格割れだけは避けてほしいところです。


堅調な初値が付くと予想されているため公募組は安心できそうです。株価設定が類似企業比較で高いと判断されているため上値追いは少し怖い気がします。


セカンダリーで投機的な資金が流入し続けるには時期尚早でしょうか。


COZUCHIの口座開設でAmazonギフト券1,000円分が貰えるタイアップが期間限定で復活しました!


大手企業なので気になっていた方はこの機会にご利用いただければと思います。公式サイトにタイアップ表記がないため下記記事を参考にお願い致します。※口座開設するだけです


上場企業のCREAL(クリアル)で「当サイト経由の特典」が付きました

新規登録を行うとAmazonギフトカード1,000円分プレゼント、さらに初回投資に応じて最大5万円分貰えます。劣後出資とマスターリース契約、さらに信託銀行活用の分別管理は業界随一!

クリアル(CREAL)

1万円から投資でき「ほったらかし」で資産運用できます。賃料収入をもとに配当、想定利回り4.0%~5.5%で償還実績は元本割れ0件。最強スペック企業なので下記記事でまとめました。