クレステック(7812)初値予想とIPO分析記事になります。
初値2倍、3倍は無いと思いますが、出来れば複数枚取得したいIPOです。


クレステック(7812)初値予想とIPO分析記事


業種:その他製品
市場:ジャスダックスタンダード(JQS)
公開予定:07/08
BB期間:06/19~06/25


100株単位
公募株数 191,000株
売出株数 213,900株
合計株数 404,900株(4049枚)


想定価格 910円 ⇒ 9.1万円必要!
仮条件  910円~960円に決定しました


【幹事団】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
野村證券
SMBC日興証券
SBI証券
藍澤證券
むさし証券    ←ちょいちょい絡みます
岡三証券
静銀ティーエム証券
エース証券
丸三証券





仮条件は50円引き上げられ960円となりました。
これに伴う吸収金額は約3.89億円となり、オーバーアロットメントを含めると
約4.45億円となります。


クレステック(7812)評判と初値予想
↑クリックで拡大します  当サイト限定18,000円タイアップ⇒ トライオート限定タイアップ


クレステックIPO
↑クリックで拡大します      穴場IPO証券口座⇒ 立花証券 ・ 安藤証券


クレステックは、企業の新製品に添付する取扱説明書及びメカニック向けの修理
マニュアル等のライティング、イラスト作成、データ組版、翻訳、印刷等のドキュメン
テーション作成に関わる業務を行っている企業です。
ドキュメント制作の効率化に合わせ、原稿作成支援ソフト、翻訳支援ソフト、加えて
データ管理システムなど、顧客が自身でドキュメントの開発を行えるよう、ドキュメント作成
ソフトの開発・販売にもビジネス展開を行っています。


【主な取扱い】
・デジタル製品(デジタルカメラ、ビデオ、携帯電話、ゲーム機器等)
・輸送機器(2輪車、4輪車、建機、汎用エンジン、船舶等)
・情報機器(プリンター、ファックス、コピー機、パソコン等)
・家電(洗濯機、冷蔵庫、ミシン、電子レンジ、エアコン等)
・医療機器(各種分析・検査機器)
・産業機器(産業用ロボット、工作機械等)        



昭和59年の創業時から海外への進出も行っており、海外において11か国に13法人、
19拠点を配しているグローバルな企業でもあります。
これにより、国内だけでなく海外に販売拠点を持つ顧客の新製品開発や販売を
支援しています。

デジタル製品のラインナップの減少やペーパーレス化の進行によるページ数の減少
などが懸念される中、30年の実績と日本基準を採用した品質管理を行い、コスト
ダウン等の要望にも応えるべく工程改善などにも取り組んでいます。

さらに今後は、顧客のニーズに沿ったサポートを徹底していくことを目的として、サプライ
チェーンの川上から川下へ進出し、サポート体制をさらに強化するそうです。
グローバル化の進行に伴って増加する可能性が高い翻訳サービスにもより一層注力
とあります。

個人的には時価総額30.6億円程度で配当も3%以上あり、グローバル展開の企業
なので公開価格を割る事はないと思います。
大量の買いが見込まれますが、VCがある程度売り抜けるとさらに上に行く展開か?
なかなか面白いIPOとなりそうです。
上場承認時は地味だと思いましたが、内容を見ると中々良い企業だと思います。




クレステック初値予想1600円~1800円



【幹事配分】
三菱UFJモルガン・スタンレー証券336,300株
みずほ証券 16,200株
野村證券  12,100株
SMBC日興証券8,100株
SBI証券  8,100株
藍澤證券  8,100株
むさし証券 4,000株
岡三証券  4,000株
静銀ティーエム証券4,000株
エース証券 2,000株
丸三証券  2,000株


【業績等の概要】
売上高は前連結会計年度比1,493,424千円(12.7%)増加し13,241,246千円
営業利益は前連結会計年度比245,752千円(98.2%)増加し496,048千円
経常利益は前連結会計年度比47,540千円(10.9%)増加し483,820千円
当期純利益は前連結会計年度比111,757千円(125.2%)増加し200,997千円


【類似企業】
CDS(2169)PER14.29倍
シイエム・シイ(2185)PER9.56倍
翻訳センター(2483)PER19.39倍


ロックアップは90日間、180日間となり1.5倍の解除となります(1440円予定)
ストックオプションは該当事項がありません。
ベンチャーキャピタル保有株が多くありロックアップの1.5倍を意識した取引展開
になるのかもしれません。
⇒ クレステック(7812)IPO新規上場承認記事へ


     


PERは約9.1倍となり低く抑えられているようです。
配当は30円出るようで、公開価格からの利回り算出で約3.13%となります。
国内よりも海外での売上が多い企業で今後も好調に推移する事を期待したいです。
業績は前期比25%増を見込んでいて好調となっています。
1枚は欲しいIPOなので楽しみに抽選結果を待ちたいと思います♪


デジタル・インフォメーション・テクノロジー幹事のむさし証券! 口座数が少ない穴場的証券



※むさし証券(トレジャーネット)の最新幹事引き受記事へ

--------------------------------------------------—

【少しレアなIPO口座】
① 岡三オンライン証券のIPOは委託幹事が多かったりする
② 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
③ 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
④ 安藤証券のIPO取扱いが始まって超穴場口座だったりする