ライフネット生命保険(7157)を考察しています。


業種:保険業
市場:マザーズ
公開予定:03/15
BB期間:2/28~3/5
事業内容:生命保険業


主な事業内容は「保険引受業務」と、生命保険の保険料として収受した金銭その他の資産の運用業務を行う「資産運用業務」。取扱商品は定期死亡保険「かぞくへの保険」、終身医療保険「じぶんへの保険」、就業不能保険「働く人への保険」の3種類のみ。契約者のうち新規保険加入者の割合が約5割、また、新規契約件数のうち20代および30代の契約者が全体の7割を占める(2011年3月期)
調達資金使途は、 ブランド認知度向上や新商品開発などの成長施策、システム投資、海外投資


ライフネット生命は、皆さんもCMでおなじみだと思います。
収益源は保険引き受け業務と資産運用業務となっていて、解りやすいですね。
しかも個人保険のみの取り扱いとなっているようです。


ライフネット生命(7157)新規株式IPO


新規顧客契約の大幅な獲得により契約数はかなり伸びており
赤字からようやく黒字へ転換しそうな所まできました。
前年度比較などでは大幅な伸びとなっていますが、まだ赤字経営なんですよね~
仮条件のPER(前期ベース) -40.39~-48.46 となっておりマイナス↓


ベンチャーキャピタルからの出資もありストックオプションの未行使あり
でなかなか危険だと思います。
ただし知名度により何とか克服できるかもしれませんし、野村主幹事です♪
ロックアップは90日間だけど、1.5倍で売却可能となっています。
1.5倍は無いので心配は要らないかも??
最近の上昇市場が続けば、吸収できると思いますがマザーズで150億円規模の
吸収はちと荷が重たいのは事実ですね。
積極的な参加は見送りますが、興味本意で軽く参加します♪


野村證券(主幹事)
マネックス証券     ←今度は副幹事しています!「凄い」
ゴールドマン・サックス証券
大和証券キャピタル・マーケッツ
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
東海東京証券


今年もIPO幹事で頑張ってます! ライフネット生命保険の副幹事
⇒ マネックス証券公式へ




上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!