ディジタルメディアプロフェッショナル(3652)が新規承認されました。吸収金額は想定発行をベースとすると15.7億円程度となりOAを含めると18億円程度となります。極端に軽いサイズでもありませんが、重たくもありません。初値的には若干の上昇か?任天堂関連の銘柄になるので期待は出来そうですね。任天堂といえば先日購入して1ヵ月半のDSがぶっ壊れて修理代を請求されて苦い思い出がある。お父さんからお金を取らないで(涙)


業種: 情報・通信業
市場: マザーズ
公開予定: 06/23
BB期間: 06/07-06/13

【事業内容】
グラフィックスプロセッサの開発・販売、独自開発した3Dグラフィックス技術のライセンス供与等

100株単位
公募株数  300,000
売出株数  450,100
合計枚数  750,100(7501枚)

想定価格  2100円 → 21万円必要
仮条件日  2100円~2400円


野村證券(主幹事)
大和証券
三菱UFJ・MS
みずほ証券
岡三証券
いちよし証券
丸三証券
香川証券


■ ディジタルメディアプロフェッショナルのポイント
オーバーアロットメントによる売出し112,500株

上場企業に投資できるFundsの仕組みが人気過ぎる!

Funds(ファンズ)社長にインタビューを行い気になる事をズバット聞いてみました。貸付ファンドの仕組みや評判・評価を徹底的に記事でまとめています。

Funds(ファンズ)

先着方式と抽選方式の両方があり、優待付きファンドも用意され業界でも注目されている企業です。1円から投資できるスキームは他社にありません!