ナルミヤ・インターナショナル(9275)とand factory(7035)が明日上場します。最終初値予想と気配運用が発表されたので、わかりやすいようにまとめてみました。心配のナルミヤの初値が気になるところですが、公開価格前後の初値が付くようです。and factoryは2倍を超えてくるようです。


ナルミヤ・インターナショナル(9275)大手予想最終


項 目 気配運用の内容
板中心値段 1,560円(公募・売出価格)
上限値段 3,590円(更新値幅78円、更新時間10分)
下限値段 1,170円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 390円以上、6,240円以下


最終初値予想1,560円


再上場案件になり、過去の株主から今回の上場はあまりよく思われていないようです。事業は「ベビー・子供服の企画販売」となっており、同社の洋服(ブランド)を好きで買っている方も逆にいます。ただ株式市場と考えると今までのイメージがから厳しいようです。


上場に際し、投資ファンドによる売出し株が殆どを占めているためイメージは悪いでしょう。さらに東証2部への上場ということで指数買いも期待ができません。今後の成長性も企業規模が大きいため余程のことがない限り拡大は難しいでしょうか。頼みのECサイト路線の拡大が急がれるようです。


唯一期待できるのは、配当利回りが高いことと株主優待の新規設定となります。配当は年間79円となり、公開価格算出で約5.06%となります。優待の新設は発表されていませんが、株価が暴落すれば早期設定も考えられるでしょう。以前は5,000円のギフト券でした。ちなみに幹事引受価格は1,474.74円になります。


and factory(7035)大手予想と東証発表の気配更新

and factoryは人気が高く好調な出だしとなりそうです。上場規模がやや大きいため初値2倍に届けば嬉しい収益となるのではないでしょうか。業績は増収増益予想となっていますし、ゲームの掲示板やスマートフォンアプリなどの制作を行っている企業です。IoT事業も展開しIPO的にも好まれる銘柄だと思います。


and factory(7035)上場前の気配運用


項 目 気配運用の内容
板中心値段 2,570円(公募・売出価格)
上限値段 5,920円(更新値幅129円、更新時間10分)
下限値段 1,928円(通常の更新値幅、更新時間3分)
注文受付価格の範囲 643円以上、10,280円以下


最終初値予想5,200円


Smartphone APP事業を主力に事業展開を行っている企業になり、スクウェアー・エニックスとの共同開発マンガアプリ「マンガUP!」や白泉社との共同開発アプリ「マンガPark」、マルチプレイ攻略掲示板「最強シリーズ」などが有名です。


その他には、他社運営のスマートフォンゲームにのっかる形で、スマートフォンゲームアプリ掲示板を開発することでコスト的に大きくメリットがあるようです。IoT事業の売上はまだ少ないものの東京オリンピックに向けた宿泊施設との提携による期待も残ります。幹事引受価格は2,364.40円です。


上記2銘柄は同日上場と言うことで、セカンダリーは意外にナルミヤ・インターナショナルに注目?日経平均は相変わらず23,000円を上限としてもたついています。8月22日上場のチームスピリット(4397)は全くいい場面がなく株価はダダ下がりとなっています。盛り上がる銘柄の登場が望まれます。


IPO申込が前受け金不要の証券会社! 【委託幹事なので見逃しが多い】
⇒ ライブスター証券公式サイト(特典付き)

ライブスター証券タイアップ