メルカリ6月に上場承認を計画しているようです。
先日は上場を急がないと言ったニュースが出ていましたが、日本経済新聞に取り上げられました!




【日本経済新聞】

個人間の物品売買を仲介するフリーマーケットアプリのメルカリ(東京・港)が、6月をメドに東京証券取引所の新興企業向け市場「マザーズ」に株式上場を計画していることが18日わかった。昨年末の上場を目指していたが、ビジネスモデルが資金決済法に抵触する可能性があるとして東証側と調整が続いていた。上場時の時価総額は2000億円を超える大型上場になる可能性がある。

上場時には株式の売り出しだけでなく新株も発行する公算が大きい・・・

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2585593018012018TI1000/


全文を読みたい方は無料登録をしてみてください。
メルカリは仮想通貨交換業登録を年内にも行うようなニュースが別に出ていて色々と話題となっています。


メルカリは個人売買を簡単に行うためのツールが人気となり、日本やアメリカなどで1億件以上のダウンロードが確認されているようです。


東証マザーズに上場承認をするようですが、時価総額ではトップ3に入る規模のようです。
今後順調にいけば6月あたりの上場となるそうです。
ソフトバンク携帯の上場とはまた違った意味で楽しめると思うため、全力参加で良いのかな?と考えています。


【ヤフーニュース】

フリーマーケットアプリ最大手のメルカリの小泉文明社長は12日までにフジサンケイビジネスアイの取材に応じ、市場関係者などで期待感が高まっている東京証券取引所への株式上場について、早期の上場は見送る考えを明らかにした。メルカリは世界各国でフリーマーケットのサービスを普及させることを目標としており、米国市場のマーケティングなど、事業拡大に向けた投資を優先させる。

メルカリは2014年7月にサービス提供を始めた米国や、17年3月に始めた英国など世界中でサービスを成功させることを第一の目標としている。米国でもアプリのダウンロード数を伸ばしているが、まだ事業は赤字の段階だという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00000008-fsi-bus_all


LINE上場では獲得を失敗しているため、メルカリでは失敗しないように複数株の取得を目指したいと思います。主幹事は何処が引き受けるのかまだ分かりませんが、当選できるような証券会社が嬉しいです。


上場規模が2,000億円を超えるようですから、IPOの資金吸収もそれなりにあるはずです。2018年はIPOの話題が多くなり楽しみですね!
マネックス証券やSMBC日興証券は幹事入りすると思いますが、どうでしょうか。
主幹事が野村證券になると複数配分は難しいので別の企業でお願いしたいところです。


ただ、ヤフーニュースにもあるように赤字みたいなんですよね・・・
マネフォワードのように事前人気が高いと初値売却益も大きく見込めると思いますが、IPOのデータが欲しいところですね。個人的には期待していますよ~