今月もヒロセ通商(hirosefx)から食品が届きました。毎月開催されている取引高で食品が送られてくる人気のキャンペーンです。FXに興味がある方はすでにご存じだと思いますが、今回は牛すき焼きうどんと鍋焼きうどんが届きました。焼きおにぎりは恒例の商品ですが、お水もいらない商品なので新しい取り組みです。


商品販売元を調べると「なべやき屋キンレイ」の商品で1つ300円みたいですね。また、焼きおにぎりを調べてみると「真秀コールド・フーズ」となっていました。どちらも美味しく頂くことができそうです。焼きおにぎりの価格はわかりませんでしたが、1個80円位で考えるとトータルは920円(TAX込み994円)となります。


hirosefxなべ焼きうどんと牛すき焼きうどん画像


しかも冷凍保存で送られてくるため送料のほうが高い可能性もあります。本社は大阪市西区新町1-3-19となっています。四季報によると従業員数は連結で75人、顧客数も増加傾向ということです。ちなみに上場しているため調べればある程度の情報を得ることが可能です。


株価も順調に伸びていて、FX規制強化の反動で株価が大きく伸びています。


金融庁がFX規制を見送り!証拠金倍率10倍は先延ばしか

金融庁がFXの規制を強化し証拠金比率10倍を据え置くと発表が行われました。これによりヒロセ通商(7185)の株価は大きく上昇しています。しばらく停滞していた株はさらに高値を記録しながら現在もめています。


ヒロセ通商株価推移


【ブルームバーグ】

金融庁は外国為替証拠金取引(FX)規制の一環で検討していた証拠金倍率(レバレッジ)を現行の25倍に据え置く方針を固めた。まずは業者任せになっているストレステストの精緻化などで決済リスクの監視を強化することを優先する。

事情に詳しい複数の関係者が非公開情報だとして匿名を条件に明らかにした。FX規制強化について検討している金融庁の有識者会議は6月中に報告書をまとめる意向。

証拠金は個人投資家などが取引の際に業者に預けるもので、現行はその25倍まで取引ができる。少ない元手で大きな取引ができる一方で、相場急変で一気に損失が膨らむリスクがある。このため、利用者保護の目的でこれを10倍まで引き下げる案が検討されてきた。これまで証拠金倍率は二度引き下げられてきた経緯がある。



上記のチャートは2年チャートですが、上場当初の初値は830円でした。途中で売った方も多いと思いますが現在の株価は3,350円です。約4倍にも株価が上昇しているため凄いですよね。私は上場後に株を買いましたが途中で売却をしてそのまま買い戻さず今に至ります。


営業収益も地味に拡大していますし、配当や優待だってあります。優待権利は9月のみですが最低単価の100株で1万円、1,000株で3万円相当の自社キャンペーン商品を頂くことができます。なかなか良いと思いますが、株価が高くなり私は手が出ません。FXレバレッジ規制で下がると思っていましたが、逆に行きました(汗)


優待を狙っていたんですけどね。と言うことでこれからも毎月行われている取引高キャンペーンに参加し続けます!当サイト経由のお申込みだと2,000円の現金がさらにプレゼントされるため気になっている方は参加してみると楽しいかもしれません。夏はIPOもお休み期間が長いのでヒロセ通商の食品を頂いてみてはいかがでしょうか!最低取引は10万通貨となっているためハードルは低いです。


ヒロセ通商タイアップで9,000円貰える!! 【食材は毎月ただ貰いを目指して頑張ろう】
⇒ ヒロセ通商公式タイアップ詳細



※ヒロセ通商キャンペーンを利用して食品を毎月もらう方法