日経平均3万円説が流れています。金融機関でも3万円説はあり得るような話がどんどん出てきているようです。これだけ投資話しで持ちきりの状態だと、これから下落しそうな気がしますがなんとなく今までと違う気がしてなりません。メディアが騒ぐと相場は逆行することが多いと思いますが、何か違う気がします。根拠はありませんが、日本人が投資にどんどん参加し格差がさらに開く社会になるのではないかと感じます。


東京証券取引所


日本社会には投資をする習慣が無く、預金をすることを政府主導で進めてきたため現在の流れがあります。
日本人の投資人口は20%程度と言われ、アメリカは50%と言われているようです。
また、年収が高くなるほど投資などのリスク資産の必要性を感じているそうです。


日本人は給与を貰い貯蓄や生活に回す方が多いため、給与の中から支払いをします。
そして貯蓄に回せる方はまだよいと思いますが、若い世代ほど給与から自分が使えるお金の算出をして毎月を楽しみます。
非正規雇用や給与が上がらないなどの問題が常に日本にはあります。
今後年功序列ではなく、能力支給になりつつありますが官公庁や大手企業ではなかなか廃止は難しい日本です。



日経平均3万円はどの程度あり得るの?


東洋経済新聞の記事を読んでいて本当にそんな世界があるのか?と思うほどの衝撃を受けます。
もう投資から引退しているかもしれませんが、「2030年から2035年ぐらいには10万円を超えていく可能性」があるそうです。
私は既に勝ち組になっていると妄想していますが、面白いですね。
浮いた話は投資家うけはいいでしょう。


2020年は日経平均4万円もあり得るそうです。
なんだか嘘みたいな話ですが、未来は誰にも解らないはずです。
1989年に日経平均4万円に近付いたことがあるそうなので、オリンピック前に到達する可能性はあるかもしれません。


2018年は投資をされている方にすべてにご利益がある年になると嬉しいですね。
気になるのは北朝鮮の動向です。アメリカ国民の80%が戦争になると危惧している統計を見ました。2018年は波乱の年にならないと助かります。


岡三オンライン証券はIPO抽選に資金が要らない タイアップ延長で現金GET可能
岡三オンライン証券


※岡三オンライン証券タイアップ詳細とIPO抽選詳細