クラウドクレジットに実際に投資をしてみました。20万円入金後に10万円だけ投資実行をしましたが気が付いた事があります。実際に投資実行したのは、青枠の東欧金融事業者支援ファンド25号になります。元々は500万円の募集でしたが、追加募集があり1,500万円まで引き上げられている案件になります。投資倍率は1.109倍になり人気の案件ですが締切日は残り8日以上もあります。


クラウドクレジット投資実行
↑クリックで拡大ます


私が選んだ理由は償還実績がある事と、同時に他の案件もあったためです。
そして利回りが10.6%もあったためです!
※運用手数料差し引き後の数字


クラウドクレジット申込決定
↑クリックで拡大ます


クラウドクレジットの管理画面ではリスクについても表記がしっかりあるため確認をして
投資を行った方がよいと思います。
また、先日の記事で「元利均等」を選びたいと書きましたが殆どの案件が「満期一括」に
なっているため、今回は満期一括を選びました。


今回の募集では元利均等もありましたが、リスクが高い事と3年間も資金拘束されるのが
単純に嫌だったから止めました。考え方によっては、3年間も分配金と自己資金が返って
くるので魅力だと思いますが、3年は長いと個人的に思いました 
※気が付いたのは元利均等案件が少ない事です


残り10万円は次の案件が発表されたあたりで実行したいと考えています。
クラウドクレジットの募集案件の殆どが満額成立になっているので、投資家の意欲は
かなり高いと思います。
スーパー定期預金に預けても微々たる金利しかつかないので、ソーシャルレンディング
投資は魅力ですよね。


世界の事業者に高利回り投資が可能なんです! 1万円から投資可能
⇒クラウドクレジット公式サイトへ


※ クラウドクレジット評判 | 実際に投資をしてみる価値はあるのか?





① Wealthnavi(ウェルスナビ)評判と運用実績まとめ! 【新しい投資先の発見】
② クラウドバンク評判と運用利率が平均5.2%の真相。 【デメリットは無いのか?】