2017年上半期に上場した企業数は39社となりました。昨年度とあまり変わらないとは気が付いていませんでしたが、下半期はどうなるでしょうか?どんどんIPOが出てくると嬉しいですが同日上場や上場規模が大きい銘柄が重なるのはよくありません。ほどほどに上場をお願いしたいところですね。


上場企業増え方


【日本経済新聞】
新規株式公開(IPO)が活発だ。2017年1~6月に新たに上場企業の仲間入りを果たした国内企業は39社。ここ10年で最多だった15年(43社)、昨年(40社)に次ぐ多さとなった。IPOの多い東証マザーズなど新興市場で株価が堅調なことが追い風になっている。

IT(情報技術)を活用したビジネスを展開する企業の新規上場が目立つ。なかでも独自のサービスで市場開拓を進める企業が多い。6月30日に上場したツナグ・ソリューションズは、アルバイトやパートに特化した採用サイト構築を手掛ける。4月上場の旅工房は、旅行者ごとの要望に沿った商品を提案・ネット販売する。

ダイレクトメールの発送代行を手掛けるディーエムソリューションズなど「BtoB(企業間取引)ビジネスの企業の上場が多い」(あずさ監査法人の鈴木智博氏)のも特徴だ。IPO企業への投資家の人気は高い。1~6月は9割の35社で初値が公開価格(公募・売り出し価格)を上回った。上場後の株価も堅調で、3日終値が公開価格を上回る企業も37社と9割を超える。

7月以降も特徴的なIT関連企業を中心に新規上場が相次ぎそう。年間のIPO社数は80~90社の見通しで、ここ10年で最も多かった15年(92社)や昨年(83社)に並びそうだ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の磯橋敏雄氏は「新しいテクノロジーを使い、業務の効率化を提案する企業の上場に注目している」と話す。



今年もそれなりにIPO数は多いようです。
7月~9月はIPO数が減ってしまう傾向にありますが、2017年も12月に上場が集中すると思うと記事を書くプレッシャーに潰されそうです。
12月20社上場とかは無しで・・・
日本郵政の公募がどのタイミングであるのかが一つのポイントか?