みずほフィナンシャルグループがIT分野のベンチャー企業をIPOさせるニュースが
出ていました。しばらく前より大手金融機関によるフィンテック関連の事業などが
活発化すると言われていますので、驚きはありませんが、景気拡大につながるといいですね。


仮想通貨と人工知能(AI)


【日本経済新聞】
みずほフィナンシャルグループ(FG)は6月をメドに、IT(情報技術)分野のベンチャー企業をつくる。仮想通貨や人工知能(AI)を活用した審査といった新たな事業を開発し、将来は株式公開を目指す。金融とITを融合したフィンテックの拡大に伴い、大手銀の取り組みが活発になってきた。

6月の新会社設立を目指しており、ベンチャーキャピタルのWiL(米カリフォルニア州)と近く詰めの協議を始める。資本金は最大1億円。筆頭株主はWiLとし、伊藤忠商事、損害保険ジャパン日本興亜、第一生命保険などがそれぞれ数%ずつ出資する。~省略~

新会社は事業の芽を育てるインキュベーション(ふ化)の役割を担う。事業化に成功して利益を上げられるようになれば、M&A(合併・買収)や新規株式公開(IPO)を検討する。まず東南アジアで電子マネーを発行する構想があり、新会社を通じて現地進出の日系企業と連携することを視野に入れる。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS29H19_Z20C17A4MM8000/?dg=1



大手金融機関などが独自の仮想通貨発行の話題も過去にあり、実際に三菱UFJフィナン
シャル・グループが平成29年度中に独自仮想通貨であるMUFGコインを一般向けに発行
すると言われています。


仮想通貨としてビットコインが有名ですが、その他にも世界には数百の仮想通貨が存在
しているとも言われています。イーサリアムやリップルなどは有名ですが、日本でもこの手
通過投資話で詐欺が横行しているので気を付けましょう。
ネットワークに絡みつけた投資話もあるようです。


    


話は少しずれますが、株式型のクラウドファンディングサービスが日本で初めて行われた
という案件がかなり人気になっているそうです。
私はまだ投資をしていませんが、今後拡大するサービスなのかもしれません。
中小ベンチャー企業に個人投資家が株式投資出来るプラットホームの構築で人気となっています。
⇒ 株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO


IPOにプラス材料なので歓迎しますが、フィンテック関連のIPOは人気が高まりそう
なので期待しています!


IPO抽選に前受金が不要なライブスター証券!! IPO取扱い開始です
ライブスター証券


※ライブスター証券のIPO口座詳細についてはこちらの記事へ

--------------------------------------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2017年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】