2016年のIPOを行った企業は83社となりました。
2015年が92社となり、約11%減と言ったところでしょうか。
九州旅客鉄道(9142)、LINE(3938)などの大型銘柄が登場しましたが、個人的にも
いまいち盛り上がりに欠けた感があります  


東京証券取引所


【日本経済新聞】
「今年は少なかった印象。もうちょっと増えると思った」。証券ジャパンの大谷正之調査情報部長は今年のIPOをこう振り返る。16年の新規上場社数は83社と15年(92社)に比べて減った。前年比の減少は09年以来となる。IPO支援を手がけるラルクの鈴木博司代表取締役は「取引所や証券会社が審査の過程で業績見通しの根拠を求めるなど、厳しくチェックするようになった」と指摘する。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL22HQX_X21C16A2000000/



東証の上場厳格化などに伴いIPO審査が厳しくなった事が影響しているようですが、
上場後に業績の問題が何度か表に出てきた銘柄もいくつかあります。
処分を受けた証券会社も先日ニュースに上がっていましたね。


IPOをした銘柄の業績拡大に期待をし、投資を行った方も多い中で、業績悪化などが
すぐ起きてしまうと株主としては怒りそのものだと考えられます。
今後は上場詐欺と言われるような銘柄が減ると思いますから、業績による急落は少なく
なるはずです。


 株ブログ IPO・新規公開株    


上場をした銘柄の初値が今年は低かったように思いますが、12月IPOに関しては賑わった
ように思います。現在は株価が乱高下していますが、さらなる高値を付け、来年のIPOに
向け賑わって欲しいものです。


IPOチャレンジポイントを貯めてIPOをGET! ネット証券の中でIPO引受け最多数
SBI証券公式HPへ


① SBI証券のIPO詳細記事はこちらへ
② SBI証券のIPOポイントを貯めておけばいずれIPOに当選します

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】  
② 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業 【岡三オンライン証券】
③ 主幹事や幹事も引受ける企業でネット取扱いあり! 【東海東京証券】