東証マザーズの先物データを見ていたんですが、マザーズ上場銘柄の内訳
を発見しました。
情報・通信業が37%、そしてサービス業が30%になり大半を占めています。


東証マザーズ指数業種別内訳
↑クリックで拡大します


また時価総額の内訳も見つけましたので参考になるかと思います。
トピックス業種別銘柄や時価総額もあります。
さらに、マザーズ浮動株調整後時価総額上位掲載もありました!


マザーズ指数時価総額上位銘柄


マザーズ指数先物が2016年7月から始動したのでどうなってるかな?
と思い調べていたらたどり着きました。
だからなに? というデータですがマザーズIPOの事が少し解りました。
最近はIPO連発で情報・通信業が多い訳ですね。


 


来週は日経平均も戻すと予想されますが、日経が上げ上げにならないとマザーズ指数は
中々戻ってきません。
そーせいグループやCYBERDYNEがけん引してくれるといいのですが・・・
ミクシィも戻しませんしね。個人投資家が7割を占めるという新興市場ですから戻りも
鈍くなりますかね。私も頑張らなくては 


バリューデザインやG-FACTORY主幹事です! 私はネット口座だけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2016年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】
③ 入金不要でIPOに参加できる貴重な企業です 【岡三オンライン証券】