JR九州が10月25日に上場する方針だと伝えられ、時価総額は5000億円に
なる見通しです。事業も多角的に行っており、収益安定による上場スタイルを
実現したそうです。


JR九州IPO初値予想


上場規模はLINE(3938)に次いで2016年2番目の大きさとなります。
東京証券取引所には6月に上場申請を行っており、JR九州の上場全容が解るのは
9月15日予定です。
またJR九州上場に際して、意識される銘柄もあります。


【株式経済新聞】
上場に際して、JR西日本<9021>やJR東海<9022>、西日本鉄道<9031>などが参考企業となると見られているほか、九州地域の経済活性化でふくおかフィナンシャルグループ<8354>や十八銀行<8396>、それに九電工<1959>や西部電気工業<1937>、北九州が本店の若築建設<1888>などが関連銘柄に挙げられている。また、九州観光で「ハウステンボス」を抱えるエイチ・アイ・エス<9603>やKNT-CTホールディングス<9726>などの旅行・レジャー関連株も注目されそうだ。
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201608120243



いよいよ大イベント到来です!
これを逃すと今年のIPO収益は厳しいものになりそうなので、殆どの方が
全力申込だと意気込んでいる様に思います 
主幹事は野村證券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券とSMBC日興証券の3社です。
その他多くの幹事が絡んでくると思いますので、主要証券の口座は早めに作っておくと
よいでしょう。


上場承認後は口座開設にかなり混雑が生じるようですから、書き損じなどがあると
口座開設が出来ない恐れもあります。
各証券会社も既に気合が入っているようですからね。
三菱UFJモルガン・スタンレー証券委託のカブドットコム証券のIPO当選も期待が出来そうです。
資金があれば関連株を仕込むのもありでしょう♪