マネックス証券のIPO抽選は1口座1抽選方式の平等抽選です。
機械的な抽選になり誰にでもIPO当選の可能性があります!
特に大型銘柄IPOの場合は引受け株数をすべて抽選に回している事から、当選しやすい
傾向にあります。


LINE(3938)の抽選は7月11日発表となります。ただし途中で仮条件が変更されたので
当選確率が上がったかも?
地合いが不安定ですが、楽しみにIPO抽選結果を待っています。
JR九州IPOにも幹事に入ると思われますので、口座が無ければ持っておきましょう!
JR九州は10月中旬上場になるそうです  


マネックス証券IPO抽選方法



マネックス証券IPOおすすめ理由

公平な抽選方法だからすべての方にIPO当選のチャンスがある
マネックス証券はIPO(新規公開株)の取り扱い実績が全証券会社でTOP5!
引受株数のほぼ全てを抽選に回す
マネックス証券のIPO(新規公開株)はNISA口座開設で非課税にもできる
口座開設でキャンペーンにも参加できる
家族口座の開設や未成年口座の開設でIPOにも参加できる

※マネックス証券のIPO申込ルール


マネックス証券のIPO配分は資金が少ない方でもIPO当選チャンスがあります。
大手支店の口座では預入資金や取引実績によるIPO配分が行われ裁量配分と
言われています。
しかしマネックス証券では、預入資金に関わらず1口座1抽選方式で公平に配分されます。
もちろん過去の取引実績に関係なく、すべての申込者に平等に当選の可能性があります。


マネックス証券IPO抽選は完全平等です
↑クリックで拡大します(2016年上場銘柄)


最大のポイントは平等抽選という事ですが、上記画像を見て頂くと・・・
個人投資家への配分総数単元が多い時があります。
そう、これは幹事引受株数が多ければ多い程当選する可能性が増えます!


マネックス証券はネット証券でありながらIPO取扱い数が全証券会社の中で
TOP5の取扱い実績を誇ります。
NISA口座(非課税口座)でもIPOの取扱があり、仮に利益が出た場合は税金を
納めなくて良いのです。
20万円の利益でも非課税、50万円・100万円の利益でも非課税なのです!!


なので幹事引受が多い場合にIPOの申込をする事も覚えておくと良いと思います。
私は幹事引受株数が少なくても申込んでますけど 
IPO当選には運もありますが、出来るだけ資金の効率化を考えて申し込む事が
良い場合もあります。
豊富に資金があればよいのですが、利益を出したいのであれば多少の努力も
必要という事ですね!!


口座開設にお金は掛かりませんから、面倒でもIPO投資をしたいと思えば必須口座に
なると思われます。そもそもIPO投資は当選確率が高い証券会社から、資金の限り申込む
事が鉄則なので毎回地味な作業が必要です。
地味な作業が大きな利益を生む投資なので、ローリスクハイリターンが望めます。
IPOセカンダリー投資は、ハイリスクハイリターンなので私の性格には合いません!!


マネックス証券は平等抽選だからオススメ! 平等抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら




【IPOは口座が命です】
① 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 2014年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【東海東京証券】
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】