公募割れを起こした銘柄に買いが向かうタイミングがあります。
それは大きく上昇した銘柄がちらほら出た後?


IPO公募割れのあと


【東洋経済オンライン】
2016年1月29日に日銀がマイナス金利導入(黒田バズーカ3)を発表した。サプライズ緩和として一時的に株高・円安が進行したものの、続かなかった。その後は欧州の信用不安、原油安、中国経済の減速懸念などから世界的なリスク回避が加速。乱高下を繰り返した日経平均株価は1万4900円台から1万7100円台まで急速に値を戻した。ただ、2カ月前のマイナス金利導入発表時の1万7518円に届いていない。

まとめると、足元のIPO市場は公募価格割れがみられるが、上場後の下値を拾う好機に。大型連休前後の需給改善も想定されるなか、新興市場のマザーズ指数が8カ月ぶりに1000ポイントを回復してきた。今後は独自のビジネスモデルに強みのある企業中心に、セカンダリー市場での伸びしろが期待できる。
http://toyokeizai.net/articles/-/111521?page=2



IPOのセカンダリーが良いと直近IPOに買いが入る事も珍しくありません。
ただ長くは続かないのでリスクはあります。
状況により、引けで買って寄りで売る作戦もできます!
材料がいきなり出て勢いが止まらない事もありますが下げる勢いも半端ないです。


個人的には公開価格を割った時や他業種とのPER・PBRなどで買いに向かのもあり
だと思います。場合によって塩漬けになる事もありますが 


一番は公募株を取得し初値売りですが、公募株を手に出来なければ買いやすい
値段や状況で投資をするのも良いですよ~
エボラブルアジア(6191)IPOが頑張ってください!!


岡三オンライン証券は抽選に資金が要らない! 口座開設で書籍プレゼント
岡三オンライン証券
   

※岡三オンライン証券のIPO抽選ルール詳細記事へ

----------------------------------------------------------------------–

【少しレアなIPO口座】
① 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
② 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
③ むさし証券でもIPOの取り扱いは1口座1抽選の平等抽選なんです
④ 安藤証券のIPO取扱いが始まって超穴場口座だったりする 








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事