今年上場した企業は21社です。
そのうち公開価格を割ったのは6社もあります。今までと少し違った相場感
が必要ですが、まあそれも楽しみでしょう。


相場観を付ける


【日本経済新聞】
新規株式公開(IPO)した企業の初値が伸び悩んでいる。2016年に入ってから24日までに上場した21社のうち、スマホゲーム開発のアカツキなど約3割にあたる6社の初値が公開価格を割り込んだ。年初からの相場下落でIPO株を積極的に売買してきた個人投資家の投資余力がしぼみ、相対的に有望な銘柄に商いが集まりやすくなっている。

24日は格安スマートフォン販売のベネフィットジャパンと輸入車販売のウイルプラスホールディングスの2社が新規上場した。ベネフィJは朝方から買い気配が続き午前11時すぎ、公開価格を67%上回る3310円で初値をつけた。一方、ウイルプラスの初値は1729円と公開価格を8%割り込んだ。

16年1~3月は初値が公開価格を下回る企業が目立つ。24日までに上場した企業のうち初値が公開価格を上回ったのは14社で、下回ったのは6社。1社は公開価格と同じで「14勝6敗1分け」という結果だった。公開価格に対する初値の平均上昇率は44%にとどまり、15年通年平均の87%、14年の91%と比べると勢いが弱まっている。

背景にあるのが、個人投資家の投資余力の低下だ。昨年11月に時価総額の大きい日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険が上場。個人投資家も多く保有する銘柄だが、16年に入ってからの相場下落の影響を受け、24日終値は初値を下回っている。IPO株を好む個人の資金回転が効きにくくなり売買が低調になっている側面もあるようだ。

 


この様な状況が続くとIPOには当選しやすくなります。
なので狙ったIPOをGET出来ればよいですね!
しかし相場が動き出せばまたガッポリ頂けると考えているので当たり癖をつけて
今後のIPOに備えたいですね。
日経平均17,000円前後が長すぎますね・・・・


丸八ホールディングスIPO主幹事来ました! ネット応募が可能になりチャンス
東海東京証券
 

※東海東京証券のIPO抽選ルール詳細はこちら



【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2015年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】