シャープ (6753)が産業革命機構との提携により技術流出は無いようです。
再建案ではジャパンディスプレイ(6740)との統合を液晶部門ではするよう
ですが、株価はどちらも下げ一色となり株主は青ざめるばかりです。


シャープがジャパンディスプレイに統合される
松井証券で利益を出す方法とIPO抽選ルールを書いてみました(長文です)


【日本経済新聞】
シャープが官民ファンドの産業革新機構と協議している経営再建案の概要が10日、明らかになった。不振の液晶事業を切り離し、革新機構から出資を受けるのが柱。機構は過半数の株式取得を目指しており、実現すれば、国主導で再建が進むことになる。出資額は2000億円規模の見通し。みずほ銀行など主取引銀行に1500億円の債務を株式化するなど金融支援を再要請する。2015年初めに経営危機が再燃したシャープを巡る再建協議が最終局面に入る。

シャープはこのほど革新機構から受けた提案を巡り、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行の主力取引2行を交えて最終協議を始めた。再建案ではまず、液晶事業の分離を実施。革新機構は液晶新会社の株式の9割を握る方向。将来は革新機構が筆頭株主の中小型パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)との統合を検討する。革新機構は液晶事業を分離した後のシャープ本体の第三者割当増資を引き受けるなどの手法で、成長に向けた資金を投じる方向。液晶以外で分社する事業に出資する可能性もある。白物家電などの事業も他社との再編などにより、日本の電機産業の競争力向上につなげる。革新機構を所管する経済産業省も含め、国主導で電機再編を促す。

シャープが求める追加的な金融支援では主力2行からの借り入れのうち1500億円を液晶新会社に移し優先株に転換する。これは債務の株式化と呼ばれる金融支援の一つ。15年6月には主力2行から同様の手法で2000億円の支援を受けている。本体に残る債務の金利を抑えることも要請し、脆弱な財務体質を立て直す。



 


かつて日本を代表するメーカーが現在大苦戦を強いられています。
東芝もですが息を吹き返す時代が来るのでしょうか。
ただ日本の技術が他国へ流出するのは防げたようですが、従業員や子会社
関連の仕事をしている方は人生の転機でもあります。


昨年度、先輩が工場に勤めており会社が倒産したそうです。
もう40歳を過ぎており就活は厳しいようですね。
何のスキルもないから雇ってくれる企業も少ないそうです。
ただ独身なので案外気楽そうでした。もっと頑張った方がいいと思うんだが。。。
私も工場勤務経験がありますが転職を考えると非正規雇用しかないと思います。
現実的にですね 


岡三オンライン証券は抽選に資金が要らない! 口座開設で書籍プレゼント
岡三オンライン証券
   

※岡三オンライン証券IPO詳細記事へ(1口座1抽選)

----------------------------------------------------------------------–

【少しレアなIPO口座】
① 立花証券のIPOは1口座1抽選の完全平等抽選なのだ
② 楽天証券のIPOは委託幹事が狙い目かもよ?
③ むさし証券でもIPOの取り扱いは1口座1抽選の平等抽選なんです
④ 安藤証券のIPO取扱いが始まって超穴場口座だったりする