2015年のIPO数は62社で前年同期の38社を大きく上回っています。
個人投資家のIPOに対する意欲はここ数年つよいですが、郵政グループ上場でも
この勢いは続くのでしょうか?


IPOで稼ぐことが出来るのか?


【日本経済新聞】
2015年1~9月の新規株式公開(IPO)が17日、出そろった。上場社数は62社で前年同期(38社)を6割強上回る。8月までの株高を追い風に個人を中心にIPO投資意欲は高く、例年以上に規模の小さい企業が多いのが特徴だ。今後は一転、相場が軟調な中、11月には日本郵政グループ3社の大型上場を控え、投資家の資金が続くか注目される。

17日には電子雑誌出版のブランジスタが東証マザーズに新規上場した。初値は647円と公開価格を44%上回った。今年上場した62社中54社で初値が公開価格を上回り、公開価格割れは6社(2社が同価格)だった。 ~省略~ 今後の最大の注目が11月の日本郵政グループの上場だ。3社計の売り出し額は1兆4000億円弱と、これまでの62社計の市場からの資金吸収額の約16倍。昨年1年間のIPOでの資金吸収額約9800億円も上回る。



昨年度1年間合計の吸収金額を上回るって凄いですが、それでも1.428倍です
から何とも言えないです。
ただ人気があるとも言われており、無いとも言われています。


【郵政グループ人気順】
① ゆうちょ銀行(7182)IPOが新規上場承認記事へ
② かんぽ生命保険(7181)IPOが新規上場承認記事へ
③ 日本郵政(6178)IPOが新規上場承認記事へ

 


ゆうちょ銀行の初値が一番期待が出来るとあります。
その次にかんぽ生命保険です。かんぽ生命保険を押しているサイトも見かけ
ましたので、この2社に人気が集中しそうですね。


日本郵政グループIPO幹事です!! 完全抽選で私も多数GET
マネックス証券

※マネックス証券の当選履歴などはこちらで確認
※マネックス証券で端株を貰いながらIPO口座として利用する方法はこちら

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 2014年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
② 2014年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【東海東京証券】
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】