ジェネレーションパス(3195)の仮条件が決定しました。仮条件上限が1,200円まで引き上げられています。市場から吸収する金額も約5.6億円にまで引きあがりました。主幹事は野村證券なので当選することは難しいですが人気銘柄なので申し込んでおきましょう。


ジェネレーションパス 評判


ジェネレーションパスは、ECマーケティング事業を主軸に事業展開をしており
ネットショッピングサイトのリコメン堂で有名な企業です。


想定価格 1090円
仮条件  1090円~1200円

【幹事団】
野村證券(主幹事)
みずほ証券
東海東京証券
SBI証券
藍澤證券
岩井コスモ証券


1090円で吸収金額を算出すると約5.1億円となります(オーバーアロットメント込み)
1200円で算出すると約5.6億円になり0.5億円のアップになります。
株主配当の設定はなく、PERを算出してみると約21倍程度になる見込みです。
上場による資金調達はシステム開発要員の人件費や広告宣伝費に使う見込みです。
幹事を見ていますと当選は厳しいので、SBI証券のポイント積み増しで終わる
可能性がありますね(涙)
みずほ証券はここ1年当選が無い気がします。






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事