ブログ村で数名の方が野村HTと野村N&Cについて書かれていました。


野村HTと野村N&C 名寄せデメリット


私も確認のために電話をしようと思っていましたが出来ていませんW
そう考えるとネットの情報発信は凄いものがあると思います。
黒澤さんが早かったですかね。
情報ありがとうございます♪


今までは別々に申し込みが出来たのですが、これからはどちらに申込んでも
後に申込んだ方で抽選に参加する事になりそうです。
(申込した日時が早い方を適用するみたいです)
ネット抽選派の私には少しショッキングな出来事ですが仕方がありません。


 


ここで戦略をたてるにあたりどうすべきでしょうか?
野村HTは前受金がいらないので申込人数は半端ないような気がします。
そうなると野村N&Cのほうに分がありそうなきもします。


ただIPO引受株数は明らかに野村HTの方があるので今まで通りの抽選比率
だと野村HTが優位そうですね。
手数料面では野村N&Cがかなり安くつきます。
皆さんはどうされますか?
両方申し込みがとりあえず可能なので今まで通りの申込を続けてもOKですが・・・
私の場合は両方に入金していたので片一方の資金を回収するくらいしか
思いつきません(笑)


どうしましょうかね。本当に名寄せするのかしら?








-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2013年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 主幹事もする店頭系ネットでお勧めしている記事へ【SMBC日興証券】