2014年のIPO状況考察です。
さらっと読み流して頂けると幸いでございます。


2014年のIPOは既に15社が上場しています(リート含まず)
昨年度とは違い既に公募割れが5社もありIPOが一旦落ち着いた状況です。
ここでもうIPOが終わったと思ってくれる方がいると当選確率が急に上がり
ますので、そうなれば助かりますね(笑)


今時期は昨年も同様ですが、IPO承認自体がゴールデンウイークなどの
長期休暇によりありません。
昨年度は5月上場が無かった分今年はまだいいのかもしれません。
連休明けIPOは高騰するイメージがあり、昨年度はペプチドリーム(4587)
の上場で2500円公募が7900円になり騰落率+216%となりました。
今年は東武住販(3297)が既に承認されており、投資家のモチベーションが上がる
切欠があれば高騰するかもしれません。
昨年度はバイオブーム真っ只中だっただけにペプチドリームでは私も美味しい思い
をさせて頂きました。
⇒ ペプチドリームの当選記事が無くなったので当選履歴で(汗)


さて今年公募割れになった銘柄を振り返ってみますと、

日立マクセル(6810)
ジャパンディスプレイ(6740)
トレックス・セミコンダクター(6616)
丸和運輸(9090)
ジョイフル本田(3191)

となりますが、IPO投資を昔からされている方はジャパンディスプレイ
以降の申込みは積極的に行っていないと思われます(微妙銘柄)
銘柄を分析する事によりIPOへの資金流入や温度感などがなんとなく解ります
からね(結果そうなっただけ!?)



※たくさんご回答中でありがとうございます!!!


という事でアンケート投稿お願いします。
アンケートによりご自分とその他の方との比較が出来るかと思います。
資金量により利益が違ってきますが、運がいい方はそれなりの結果が
出ていると思われます。
ジャパンディスプレイで大損された方も結構いらっしゃるのでアンケートにも
興味があります ^^
IPO上場は5月末から7月末あたりまで忙しくなると思いますので、
頑張って利益を獲得しましょう!
ちなみに私は97万円の利益となっています。