ヒューリックIPOのブックビルディングが始まりました。
少し私も申し込みましたが他のIPOともかぶらないのでボチボチでよいですね。
三菱自動車工業のPOとはかぶりますが今のとこ静観しています。


ヒューリックリート投資法人リートIPO


みずほ証券のIPO申込みメンテがある時間にいつも申し込むみたいで
何となくイラっとしてしまう私です。。。
ネット口座では、みずほ証券、大和証券、SMBC日興証券での申し込みが可能
だと思います。


【日本経済新聞】
IPOは昨年は54社だったが、今年は70~80社が新規上場するもよう。相場全体の先高観を背景に、IPO銘柄への資金流入は続くとの見方がある。
12月に上場したデータ分析事業を手掛けるホットリンクは前日比23%上昇し、新興市場の値上がり率と売買代金ランキングで3位となった。経営コンサルティングのシグマクシスも15%上昇した。両銘柄とも昨年末に急騰した反動で年初は下落に転じていたが、足元で再び投資マネーを呼び寄せ、ともに公開価格を大きく上回って推移している。このほか、12月上場組ではネット会議サービスを展開するブイキューブ、ソフトウエア開発のエンカレッジ・テクノロジなどが1割前後上昇した。
先週は昨年10月に上場した省エネ支援のエナリスの株価が乱高下して注目を集めた。「エナリス株の売買で利益を得た個人投資家が、別のIPO銘柄に幅広く資金を移した」(国内証券)との指摘がある。
~省略~
昨年は上場54社のうち52社で初値が公開価格を上回った。株高で投資余力を高めた個人投資家などから旺盛な資金流入が続いた。市場関係者の間では今年のIPOは昨年より3~4割多くなるとの見方が強い。中小型液晶パネルのジャパンディスプレイやリクルートホールディングスなど、大型上場も取り沙汰されている。ただ、現時点で明らかになっているのは、2月13日に上場する外国企業でバイオベンチャーのアキュセラ・インクだけ。本格的なIPOラッシュはまだ先になる見通しのため、個人投資家の目が直近IPO銘柄に向かいやすい状況が続きそうだ。  



さらにNISA口座の影響もあるとの事ですが上場したばかりで信頼性に
欠ける企業もあり私はNISA口座では・・・と思います(投機なんでしょうけど)
本日初めてSBI証券のNISA口座を使いましたが約定はしていませんでした(汗)
NISA口座について記事書きました⇒ NISAで買われた銘柄が何なのか知ってます?


アキュセラ・インク初値は2000円とか目指してくれないかな?
ヒューリックとアキュセラ・インクのIPOは当選できると思っていますが次が中々
出てきてくれませんね。金欠になるぞ~






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事