エイチ・エス証券が今年に入りIPOの幹事を結構しています。昔からIPOをやっている方はご存知でしょうが、おさらいしておきます。(マイナーな店頭よりも活躍している現実)主幹事こそ少ないですが、頑張っている中堅証券となります。店頭系の企業ですがネット配分も行われています。


@ 公募割れした銘柄は1つもないので凄いです!


エイチ・エス証券IPO当選
↑クリックで拡大(公式サイトから転載2012年度)


エイチ・エス証券のネット抽選は1口座1抽選の平等抽選です。
しかもIPOをやっている人でも口座を持っていない方が多数いるので
IPO的には当選しやすいとされています。
私は口座を開いておいたほうが良いと思います。(ネット口座)
ネット口座だと、取引実績などによる優遇もなく口座毎に抽選が行われる
システムなので誰にでもIPO当選のチャンスがあります。


ベクトル +14%
ユニバーサル園芸社 +11.1%
日本エマージェンシーアシスタンス +27.3%
大泉製作所 +14.3% 
アクトコール +47.1%
日本航空(JAL) +0.5% 
メディアフラッグ +135.6%
エストラスト +86.1%
グランディーズ +2.2%(その後S高へ)
※メディアフラッグは9万円が1日で21.2万円に、エストラストは不人気だったのに爆上げ


コンピューターによる自動抽選が行われて、当落状況はホームページに
掲載されます。
抽選比率は、個人の方へ10%以上となっており他社と比較しても同等です。
そもそもIPO口座を持っている方が少ないので競争率は引くいかと思います。
もしくはIPO低迷時期に閉鎖された方が多くいますので(笑)


今からIPOに参戦するならば必須です。
口座開設も無料だし、維持管理も無料なので開いておきましょう♪
ネットバンク入金で入金手数料も無料化できます。
口座開設キャンペーンも行われているので、手間分はすぐ取り返すでしょうか。


キャンペーンよりも、IPO口座として重宝しそうですね。
エイチ・エス証券はモバイルに昔から力を入れている企業なので
モバイル環境は良いのでこちらもご検討ください(スマホでの操作性も人気)
手数料面においても安い設定なので、約定単価を計算しながら取引すれば強い
見方になると思います。


【追記】
2013年幹事も公募割れ銘柄は無しなんですよね。
ジェイエスエス、アメイズ、サンワカンパニー、バリューHR、システム情報の幹事
をやってます。
M&Aキャピタルパートナーズ、オウチーノのIPOも控えています。
今年も年末にIPO主幹事してくれないかな・・・
地方ではなく、マザーズあたりで(汗)






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事