リプロセルIPOの課題とリスクを調べてみました。


■ 課題
①人材の確保・育成が課題だそうです。
目論見書に書かれていますが、ポテンシャルの高い人材の確保と事業を牽引できる
人材の確保がポイントだそうです。

②技術革新への対応
日本が誇るIPS細胞ですが・・・
「ES細胞/iPS細胞の研究は世界中で精力的に進められており、短期間で飛躍的な技術革新が進んでいます。画期的な技術革新が起こった場合、既存技術は陳腐化し競争力を失います。 ~省略~ 我々は当分野のマーケットリーダーとなることを目指します。」

③海外展開
iPS細胞事業は、日本、米国、欧州を中心にグローバルで成長しています。今後、当社の成長を促進するために、欧米市場への進出が重要となっています。また、将来的にはインドや中国などの新興国でも大きな市場を形成する可能性があります。

④臨床検査事業
主力検査である抗HLA抗体検査及びフロークロスマッチ検査は腎移植の分野では啓蒙が進んでいるが、肝臓移植や造血幹細胞移植の分野では普及していない。



■ 事業等のリスク
①競合リスク
②研究開発活動に由来するリスク
③知的財産権に関するリスク
④経営上の重要な契約等に関するリスク
⑤外注製造への依存
⑥海外における事業化に関するリスク 
⑦世界展開に必要な組織体制の構築に関するリスク
⑧レピュテーションに関するリスク
⑨自然災害、事故、テロ、戦争等に関するリスク
⑩小規模組織であること、業歴が浅いことに由来するリスク
⑪人材の確保・育成等
⑫特定の人物への依存
⑬配当政策について(将来的には利益配当を行う)
⑭資金繰り及び資金調達等に関するリスク 
⑮マイナスの繰越利益剰余金の計上
⑯税務上の繰越欠損金
⑰ベンチャーキャピタル及び投資事業組合の株式保有比率(3,942,480株存在)
⑱新株予約権の行使による株式価値の希薄化

 リプロセル(4978)新規上場承認IPO記事はこちらへ


調べていると時間が過ぎますね・・・
どうでもいい事ですが、エアコンつけたらカラカラ音がするので見ていたら
ゴキ○リがバラバラになって出てきました (´Д`ι)アセアセ
そのおかげでPC部屋を掃除するはめになりエアコンも掃除です。
こんなこと初めてでした W


リプロセル主幹事のSMBC日興証券 私はネットだけで当選しています
SMBC日興証券公式へ


※SMBC日興証券のIPO概要はこちらの記事へ

-------------------------------------------------------—-

【IPOは口座が命です】
① 口座毎に完全抽選される証券会社はこちらの記事へ【マネックス証券】
② 2013年も大活躍、ネット証券で幹事もこなす記事へ 【SBI証券】  
③ 2012年大活躍の証券会社はこちらの記事へ【エイチ・エス証券】








クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事