IPOセカンダリーが局面を迎えているようです。
しかし、昔からIPOをされている方には今まで散々と初値天井を見ているだけに
そこまで行き過ぎているとも思えないかもしれませんね。
個人的意見ですが、タマホームとサンヨーホームズは初値が高すぎたので予想の
範囲だと思います。


【トレーダーズ・ウェブ】
4月に入りIPOは一服。約2週間ぶりに1銘柄が上場したが、空白期間を経てもIPO株への買い意欲は収まらず、サンヨーホームズは公開価格から79%上昇して初値が付いた。同じ注文住宅のタマホームの上昇率(73%)と同水準の上昇と測ったかのような展開だった。同日に仮条件が発表されたオークファンは、仮条件の上限が想定価格を14%上振れ、値決め段階からの織り込みも続いている。

一方、対照的にセカンダリー妙味は小さくなっている。今年のIPO14社のうち現在の株価が初値を上回っているのは、メドレックス、鴻池運輸、ファルテック、ブロードリーフのみ。初値買いの目的は日計りのような短期取引が主なため、あまりさかのぼることには意味がないが、直近のところを見てもタマホーム、サンヨーHと初値天井に近い動きが続いている。  ( ~省略~ )  初値買い熱の高まりとは裏腹に過熱感でリスクは高くなってきてはいるが、結局は銘柄次第ともいえ、単純な勝利の方程式は存在しない。



IPO人気が続いていますが、普段なら相手にされないような銘柄でさえ人気が
出ている状況を考えると公募組みの勝ちになるでしょう。
しかし昨年度の、ユーグレナや地盤ネットなどを思い出せば公募組みは損した
気分になりますよね~
結局上場した企業がガッポリ儲かって、後は流れに沿って市場でゼロサムゲームが
始まるのです(笑)
オークファンの場合は、初値もセカンダリーもそこそこ面白い展開になると予想して
います。現在の上場発表はオークファンしかありませんし、IPO承認が来週あっても
上場は5月になるのでオークファンに人気が集中することは間違いないですよね~






クラウドバンクを使った投資を4年間続けています!

1万円から投資可能でコツコツ貯まるから面倒くさがりの方にも向いている投資だと思います。利回りが以前より高くなり投資チャンス到来なのかもしれません。

またクラウドバンク社長にインタビューを行い気になることもズバット聞いてみました。全ての問いに回答頂けるなんて思ってもおらず私の中で信頼度UPとなっています。

クラウドバンクの待つだけ資産運用

詳しくは下記記事でまとめているのでよかったら参考にしてください。100万円投資すると1年間に69,900円の利益試算になります。地味だけどお小遣いになるから助かっています。

現在のところ投資額は60万円弱でソーシャルレンディングへの投資は総額250万円を超えています。余裕資金があればぶち込みですね!

クラウドバンク投資4年の実績と評価記事